Windows cannot find SysOcMgr.exeというエラーの対処法

リモートにあるFaxサーバーに接続しようとするときに,以下のようなエラーが生じることがあります。

Windows cannot find 'sysocmgr.exe'. Make sure you typed the name correctly, and then try again.

通常,Desktop Experienceの役割がインストールされていればよいはずなのですが,Windows Server 2008 R2では,SysOcMgr.exeが存在しないというエラーが生じてしまいます。

このエラーを解消するためには,Fax Serverの役割を有効化してやる必要があります。

しかしそれは同時に,Fax Serverの役割が依存しているPrint and Document Servicesの役割や, Ink Support機能などの,関係ないものまでインストールしなければならないことになります。

Microsoftがパッチを出してくれればよいのですが,今のところの解決策としては,Fax Serverの役割を有効化してやるしか方法がありません。

以上,sysocmgr.exeに関するエラーが出た場合の対処法でした。

Software Centerで強制的にアップデートを取得する方法

System Center Configuration Manager(SCCM)を使っている環境で,新規VMをデプロイした際などに,Software CenterからすぐにWindows Updateを当てたいと思う場合があります。

しかし,一日ほど待たなければ,Software Centerにアップデートが現れないことがあるので,何とかして,強制的にアップデートを取得する方法がないか,気になるところです。

そのようなときには,コントロールパネルのConfiguration Managerから,Machine Policy Retrieval & Evaluation Cycleを探し,Run Nowボタンをクリックしましょう。

Machine Policy Retrieval & Evaluation CycleをRun Nowする。

Machine Policy Retrieval & Evaluation CycleをRun Nowする。




そうすると,下記のようなポップアップが現れます。
続きを読む