Word 2010で挿入したPDFオブジェクトのアイコンを変更する方法

Word 2010で文章を作成している時に,PDFファイルをオブジェクトとして挿入すると,PDFのアイコンが表示されず,デフォルトのアイコンになってしまう場合があります。

WordでPDFオブジェクトを挿入する

WordでPDFオブジェクトを挿入する


デフォルトのアイコンになってしまう
PDFのアイコンが現れない

PDFのアイコンが現れない




PDFオブジェクトのアイコンが表示されない原因


Wordに挿入したPDFファイルのアイコンが表示されない原因の最も大きな理由は,インストールされているPDF関連のソフトウェアです。

Adobe Acrobat Reader以外のアプリをインストールしている場合などに,この症状が出ることがあるようです。

また,32bit版と64bit版のアプリが混在していて,不具合を引き起こしていることもあるようです。

いずれにしても,アプリケーションと,アイコンファイルの関連性が壊れているために発生します。


PDFの正式なアイコンに手動で変更する方法


まず,Adobe Acrobat Readerがインストールされていない場合には,公式ページからインストールしましょう。

次に,オブジェクトの挿入画面で,「アイコンの変更」ボタンをクリックします。

「アイコンの変更」ボタンをクリックする

「アイコンの変更」ボタンをクリックする



「参照」ボタンをクリックします。

「参照」ボタンをクリックする

「参照」ボタンをクリックする



C:\Windows\Installer と手入力します。このフォルダは隠しフォルダですので,手入力しなければ遷移できません。

C:\Windows\Installerに移動する

C:\Windows\Installerに移動する



そして,{AC76…から始まるフォルダを選択します。

{AC76BA86-7AD7-FFFF-7B44-AC0F074E4100}というフォルダを選択する

{AC76BA86-7AD7-FFFF-7B44-AC0F074E4100}というフォルダを選択する




すると,PDFFile_8.icoというアイコンファイルが表れますので,これを選択します。

PDFFile_8.icoを選択する

PDFFile_8.icoを選択する



これで,PDFオブジェクトのアイコンファイルを,正規のPDFアイコンに変更することができました。

正規のPDFアイコンに変更できた

正規のPDFアイコンに変更できた




以上,Word2010において,PDFオブジェクトを挿入した際,正規のアイコンに手動で変更する方法でした。

[DPM 2012 R2] Error: 0x80990F43が出た場合の対処法

DPM 2012 R2 (Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager)において,サーバーのボリュームを保護する際,以下のようなエラーがでて,Protection Groupを作成したり,Protection Groupに保護対象を追加したりできない場合があります。

DPM cannot access the path D:\ because part of the path has been deleted or renamed. Details: Internal error code: 0x80990F43

DPM cannot access the path D:\ because part of the path has been deleted or renamed.



DPM cannot access the path D:\ because part of the path has been deleted or renamed.

Check the path and enter it again.

ID:36
Details: Internal error code: 0x80990F43


そのような場合,DPM Agentを再インストールしたり,DPMサーバーの再起動,保護対象サーバーの再起動を行っても問題が解消しません。

続きを読む