[DPM 2012 R2] Error: 0x80990F43が出た場合の対処法

DPM 2012 R2 (Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager)において,サーバーのボリュームを保護する際,以下のようなエラーがでて,Protection Groupを作成したり,Protection Groupに保護対象を追加したりできない場合があります。

DPM cannot access the path D:\ because part of the path has been deleted or renamed. Details: Internal error code: 0x80990F43

DPM cannot access the path D:\ because part of the path has been deleted or renamed.



DPM cannot access the path D:\ because part of the path has been deleted or renamed.

Check the path and enter it again.

ID:36
Details: Internal error code: 0x80990F43


そのような場合,DPM Agentを再インストールしたり,DPMサーバーの再起動,保護対象サーバーの再起動を行っても問題が解消しません。





0x80990F43エラーを解消する唯一の方法


Protection Groupに保護対象ボリュームを追加する際に,サーバー名を選択した状態で,Refreshボタンをクリックします。

Protection Groupに保護対象ボリュームを追加する際に,サーバー名を選択した状態で,Refreshボタンをクリックする

Protection Groupに保護対象ボリュームを追加する際に,サーバー名を選択した状態で,Refreshボタンをクリックする



もし,Refreshボタンがグレーアウトしているなら,一度ウィザードをキャンセルして再度試してみたり,保護対象ボリュームのチェックボックスをクリアしたりしてから再度試してみてください。

Refreshした後,保護したいボリュームにチェックを入れなおしてください。

もし,対象ボリューム名が化けたり,エラーが出たりした場合には,ウィザードをキャンセルして再度試してみてください。
そうすると,エラーが解消する場合があります。


以上,DPM 2012 R2において,ID:36 Internal error code: 0x80990F43が出た場合の対処法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。