AndroidにFlash Playerをインストールする簡単な方法

Android端末でYoutubeなどの動画が見れない場合には、Flash Playerがインストールされていないことが原因かも知れません。

とはいえ、Flash Playerは、Android4.0までにしか対応していないので、Google Playからインストールすることができません。

そのようなときには、次のステップを踏むことで、AndroidにFlash Playerをインストールすることができ、動画を再生することが出来るようになるかも知れません。

1.提供元不明のアプリのインストールを許可するようにする


次の場所から、提供元不明のアプリのインストールを許可するように設定してください。

[設定] > [セキュリティ] > [提供元不明のアプリ] にチェックを入れましょう。


2.Flashのインストーラーをダウンロードする


以下のURLから、最新のFlash Playerのインストーラーをダウンロードしてください。4.5MBほどです。(2013/11/15時点)

Flash Player 11.1 for Android 4.0 (11.1.115.69)

そして、ダウンロードしたFlash Playerのインストーラーファイルを、Android端末に持っていきます。

簡単な方法は、自分自身のGmailに、添付ファイルとして送信して、Androidから受信するのがよいかもしれません。


3.インストーラーファイルをAndroid上で実行する


install_flash_player_ics.apkというファイルを実行すると、自動的にFlash Playerのインストールが始まり、完了します。

これで、ブラウザからYoutubeなどの動画を再生してみてください。


こうして、Android端末にFlash Playerをインストールすることができました。

QuietComfort15(QC15)のイヤーパッドを格安で交換してみた

QuietComfort15(QC15)を購入してから、ほぼ4年が経ちました。

4年間愛用しているQuietComfort15

4年間愛用しているQuietComfort15



ヘッドホンでは絶対に避けて通れないのが、イヤーパッドの劣化です。

わたしのQuietComfort15(QC15)も、イヤーパッドの部分がだんだんと古くなってきてしまいました。

QuietComfort15のイヤーパッドが劣化してきた

QuietComfort15のイヤーパッドが劣化してきた



そこで、イヤーパッドの部分を交換しようと思ったのですが、Bose純正のQC15のイヤーパッドは、5000円近くするようで、ちょっとためらっていました。

しかし、調べてみると、まったく遜色のないと言われている互換品のイヤーパッドが、1000円台で売っていることに気づき、購入してみました。


1000円台で買えるQuietComfort15(QC15)のイヤーパッド互換製品


パッケージは簡易包装だったのですが、結論から言うと、まったく問題ありませんでした

Bose QuietComfort 15 対応交換用パッド◆バルク(簡易パッケージ)品◆QC15, QC2, AE2, AE2i 対応

取り付け方も、手でぱちぱちとはめ込むだけですので、2,3分で完了します。

そして、純正のイヤーパッドと全く遜色ない商品だと私は感じました。

暗所で保存していれば劣化はほぼ防げますので、商品が廃版になってしまう前に、もうひとつ購入しておきたいとも思っています。

こうして、QuietComfort15(QC15)のイヤーパッドを格安で交換することが出来ました。

Bose QuietComfort 15 対応交換用パッド◆バルク(簡易パッケージ)品◆QC15, QC2, AE2, AE2i 対応
Bose QuietComfort 15 対応交換用パッド◆バルク(簡易パッケージ)品◆QC15, QC2, AE2, AE2i 対応