VMware Horizonの読み方は?

VMwareにはHorizonという製品がありますが,読み方が分からないという方がおられるかもしれません。

VMware Horizonは,仮想デスクトップのインフラストラクチャを提供する製品です。競合製品としては,CitrixのXenDesktop(シトリックス・ゼンデスクトップ)などがあります。

英語の読み方だと,ホライズンともホライゾンとも言われますが,製品名としてはどちらが正しいのでしょうか。
続きを読む

PowerCLI 6.5以降でAdd-PSSnapinが使えなくなった場合の対処法

PowerCLIを5.xから6.5以降にアップグレードすると,これまで動いていたPowerShellスクリプトが動かなくなるということがあります。

その場合,PowerShellで以下のようなエラーログが出力されると思います。

The Windows PowerShell snap-in 'VMware.VimAutomation.Core' is not installed on this computer.

The Windows PowerShell snap-in ‘VMware.VimAutomation.Core’ is not installed on this computer.


Add-PSSnapin : The Windows PowerShell snap-in 'VMware.VimAutomation.Core' is not installed on this computer.
At line:1 char:1
+ add-pssnapin VMware.VimAutomation.Core
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : InvalidArgument: (VMware.VimAutomation.Core:String) [Add-PSSnapin], PSArgumentException
    + FullyQualifiedErrorId : AddPSSnapInRead,Microsoft.PowerShell.Commands.AddPSSnapinCommand

これは,PowerCLI 6.5以降で,Add-PSSnapinというコマンドが完全に廃止されたことによるエラーです。

では,どうすればよいのでしょうか。
続きを読む

vSphere Web Clientでの「Queued For」の意味とは?

vSphere Web Clientで,ジョブを眺めていると,Queued Forという項目があることに気づきます。

Queued For 123 ms

単位がmsなので,何らかの遅延や距離を表しているようですが,どういう意味なのでしょうか。
続きを読む

Use windows session authenticationがグレーアウトする場合の対処法

vSphere Web Clientにおいて,ログイン画面にUse windows session authenticationというチェックボックスがあるものの,グレーアウトしてクリックできない場合があるかも知れません。

Use windows session authenticationのチェックボックスがグレーアウトしている

Use windows session authenticationのチェックボックスがグレーアウトしている


毎回,アカウント情報を入力するのは大変手間なため,Windowsセッションの認証情報を利用したいと思います。

では,どうすれば,Use windows session authenticationのオプションを有効化できるでしょうか。
続きを読む

PowerCLIでunmapコマンドを用いてLUNの領域を解放する方法

OS上でデータを削除しても,その情報がLUNには反映されない場合があります。

そのような,LUNのサイズが実使用量よりも大きくなってしまっている場合,削除済みのデータ領域を解放してシュリンクしてやる必要があります。

ホストにESXiを使用している場合には,unmapというコマンドを用いて未使用領域を解放することができます。
続きを読む

VMware Toolsの自動アップデートに失敗したときの対処法

ESXiのアップデートを行ったり,パッチを当てた際には,VMware Toolsも最新版にアップデートする必要があります。

その際に,VMを一括で選択して,Automatic Updateを行う場合があるかもしれませんが,いくつかのVMにおいて,VMware Toolsの自動アップデートが失敗してしまうことがあります。

下記のエラーがでるかもしれません。

Error Upgrading VMware Tools
vix error code = 21009

そのような時には,次の手順を踏むと,VMの再起動を必要とすることなく,VMware Toolsをアップグレードすることができます。
続きを読む

VMwareでConfiguration Parametersがグレーアウトしている場合の対処法

vSphereでVMの設定を変更しようと思い、Configuration Parametersをクリックしようとした際、グレーアウトしてしまって、設定を変更できない場合があります。

Windows版のvSphere Clientでも、Web vSphere Clientでも、Configuration Parametersを編集することができません。

vSphere Clientで見ると、configuration parametersがグレーアウトされてしまっている

vSphere Clientで見ると、configuration parametersがグレーアウトされてしまっている



そのような時には、以下の項目を確認すると、変更できるようになります。


1.VMがパワーオフされているかどうか確認する

続きを読む

クラスター内にある全てのVMを新しいストレージに移動させる方法

Hyper-V2.0時代では、ストレージのマイグレーションを行うことができませんでした。

ですので、OSは共有ストレージ上に配置する必要があり、実行するVMだけしかマイグレーションすることができませんでした。(VMwareでいうvMotion)


しかし、 Windows Server 2012とともに登場したHyper-V 3.0では、

Live Storage Migration(ライブストレージマイグレーション)機能が追加され、

OSを稼働させたまま、データを他のストレージに移動させることができるようになりました。
(VMwareでいうStorage vMotion)


全ての仮想マシンを新しいストレージにマイグレーションする


以下のPowershellコマンドを用いると、クラスター内にあるすべての仮想マシンを、新しいストレージに移行させることができます。
続きを読む

ESXiのロックダウンモードとは?

通常,ESXiホストを操作する場合には,vSpehre Clientを使って,vCenter Serverにログインすると思います。

とはいえ,ESXiホストを初期セットアップする際や,その他の特殊な操作を行ないたい場合などには,

vSphere Clientから,ESXiのホスト名やIPアドレスを使って,直接,ESXiホストにログインすることがあると思います。

しかし,ロックダウンモードを有効にすると,vSphere Clientを使って,ESXiホストに直接ログインすることが出来なくなります

つまり,ESXiホストに対する操作を行ないたい場合には,vCenter経由か,コンソールアクセスで直接操作するしか方法がなくなります。

そのようにして,セキュリティを高めるのが,ロックダウンモードの特徴です。

続きを読む

VMwareのデータストアをリネームする際の影響について

VMwareにおいて,バーチャルマシンが稼働している最中でも,データストアの名前を変更することは可能です。

その際に,バーチャルマシンに対して,ネガティブな影響は一切ありません

しかし,データストアを複数のESXiホストが利用している場合には,vCenter Serverからリネームする必要があります。

そうすることによって,データストアがリネームされても,すべてのESXiホストで整合性をとることが出来ます。

こうして,VMwareにおいて,データストアを安全にリネームすることが出来ました。