Windows.oldフォルダーを安全に削除する方法

Windows8にアップグレードしたマシンにおいて、CドライブにWindows.oldというフォルダーが出来てしまい、削除できない場合があります。

それは、権限の問題が関係しており,エクスプローラーでは削除できません

そこで、Windows.oldを削除するためには、ディスク クリーンアップを用います。

まず、チャームの検索から,「不要なファイルの削除によるディスク領域の解放」を選びます。
続きを読む

PDFをコピペしようとしたら文字化けしてしまう場合の対処法

PDF内の文字列をコピー&ペーストしようとしたら、貼りつけた際に文字化けしてしまう場合があります。

PDFからコピペできる専用のPDFソフトや、文字化け解消用のフリーソフトを使えば何とかなるかもしれませんが、なるべくなら簡単に文字化けを解消したいでしょう。

ただ単に、PDFから文字列をコピぺしたいだけなのです。

そこで、まず簡単に試せることがあります。

続きを読む

Dreamweaver8.02をWindows8にインストールする方法

あまりニーズはないと思いますが、Dreamweaver8.02Windows8にインストールする方法をメモしておきます。

Dreamweaver8自体は、Windows8にそのままインストール可能です。

Dreamweaver8.02をWindows8で動かしている様子

Dreamweaver8.02をWindows8で動かしている様子




ただし、アンインストールがうまくできませんので、その際には、Program Filesの中から、該当フォルダを削除する必要があります。


そして、Dreamweaver8は、FTPのパスワードを記憶してくれないという既知のバグを抱えていますので、Dreamweaver8.02というアップデートファイルを当てなければなりません。

しかし、ただアップデートファイルをインストールしようとしても、エラーが出てしまいます。

そのような場合には、まず、Windows7やVistaなどの別のマシンで、Dreamweaver8をインストールし、8.02まで上げておきます

Virtual boxを利用して、仮想Windows7上で行うのもよいでしょう。

Windows7において、Dreamweaver8.02にうまく上がらない場合は、日本語(もしくは適切な言語)のmsiパッチであるかどうかを確認しましょう。


その後、正常に動作しているマシンから、Program Files\Macromedia\Dreamweaver といったフォルダをごっそりコピーして、Windows8内のDreamweaver8のフォルダを上書きすることで、Dreamweaver8.02に上げることが出来ます。

こうして、Dreamweaver8をWindows8にインストールし、パッチも当てた状態にすることが出来ました。

Windows 8にPhotoshop CS2をインストールする方法

Windows 8Photoshop CS2をインストールしようとすると、エラーがでてインストールができない場合があります。

Windows 8では、下記の場所にインストールしようとするのですが、エラーがでて、ウィザードを進めることが出来ません。

C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe Photoshop CS2


そのような場合には、上記の場所にまず、手動でAdobe Photoshop CS2というフォルダを作ってやりましょう。

それから、再びウィザードをすすめると、無事にインストールが完了するはずです。

これは、Windows8で強化されているセキュリティ機能の働きにより、フォルダを作成する権限が足りていないことに起因しています。


また、Windows8でPhotoshop CS2を初回起動する際には、管理者として実行を選びましょう。

そうすると、初回起動時に行われる様々な設定を、エラーなく行うことが出来ると思います。

PhotoshopCS2の初回起動時には管理者として実行を選択する

PhotoshopCS2の初回起動時には管理者として実行を選択する

ハイブリッドブートを無効にする方法【Windows 8】

Windows 8 では、ハイブリットブートと呼ばれる、起動の高速化を優先するモードがデフォルトになっています。

ハイブリットブートとは、簡単に言うと、現在のメモリの状態を、いったんHDDに保存してから、スリープ状態にすることです。

これまでのスリープ状態は、メモリ上にデータを残したまま、省電力状態に入るようになっていました。ですので、アクシデントで電源が落ちてしまうと、メモリ上にあるデータは飛んでしまうということです。

しかし、ハイブリットブートでは、メモリの状態をHDDに格納しますので、比較的安全ですし、起動の速さも実現しています。

Windows 8 では、「シャットダウン」ボタンを押すと、デフォルトでハイブリットブートを行うようになっています。


ハイブリットブートのデメリットとは?


Windows 8 では、単にシャットダウンをするだけでは、ドライバの再起動などを行ってくれません

ですので、ドライバ関係で不具合が起こっている場合には、ハイブリットブートを無効にし、従来通りの再起動を行いたいと思うでしょう。


どうやってハイブリットブートを無効にする?


コントロールパネル電源オプション電源ボタンの動作を選択する現在利用可能ではない設定を変更します高速スタートアップを有効にする(推奨)

のチェックを外して、変更の保存をクリックします。

Windows 8 でハイブリットブートを無効にする方法

Windows 8 でハイブリットブートを無効にする方法


こうして、Windows 8 において、ハイブリットブートを無効にすることができました。

格安でクアッドモニタ(4枚モニタ)を実現する方法

デュアルモニタの環境にしている人は多くいると思いますが、クアッドモニタにしている人はそう多くないと思います。

理由は簡単なのですが、「みんながやっていないから」だと思います。

実は、マルチモニタと呼ばれる中でも、クアッドモニタまでなら、実用的な範囲ですし、何もデイトレーダーだけに許された専売特許ではありません。

実際に私も試してみて、PC作業のストレスが非常に軽減したことを実感しています。

しかし作業効率が上がるのは当たり前の話で、そんなことはどうでもよいのです。

大事なのは、クアッドモニタで作業していると、「なんかすごい感」が出ることです(きっぱり)。


でもクアッドモニタを構築するのは難しいのでは・・・?


クアッドモニタを実現するうえで必要なのは、主に以下の3つだけです。

※すでにデュアルディスプレイの方を前提としています。

サンコー 16軸式くねくね4モニタア―ム
ディスプレイ2枚
・ディスプレイ2枚を増やすためのグラボ


でもクアッドモニタを構築するのは難しいのでは・・・?


グラボを挿して、ディスプレイを挿すだけです。

特に、Windows 8環境ですと、多彩なモニタ環境に対応しているので、まったく悩むことなく実現できてしまいました。


「サンコー 16軸式くねくね4モニタアーム」について


今回のポイントは、なんといっても「サンコー 16軸式くねくね4モニタアーム」です。

サンコー 16軸式くねくね4モニタア―ム MARMGUS12W 7686

サンコー 16軸式くねくね4モニタア―ム MARMGUS12W 7686


この類のアームの中では、ダントツの商品力だと思います。1万円程度で買えるというのも非常にお買い得です。

机の耐荷重とかはほとんど気にしなくても大丈夫だと思います。机と接する部分は、負荷を分散してくれるような半月状の作りになっています。


アームに取り付けるモニタは何を選べばよい?


「サンコー 16軸式くねくね4モニタアーム」は、17インチ対応と書かれているのですが、実際には24インチでも全然大丈夫です。

モニタのサイズは揃えたほうがカッコいいですが、将来入れ替えることを見越して、少し大きめのサイズを2枚購入するのも手だと思います。


ぜひ、ほかの人よりちょっぴり贅沢な、クアッドモニタに挑戦してみてください!

RAID5は安全?実は怖いRAID5の意外な落とし穴!

RAID5と聞くと、耐障害性を備えた高度なデータ管理方法のようなイメージを持っている方も少なくないかもしれません。

確かにRAID5を組むと、1台のHDDが壊れても、データが失われることがないという性質を持っています。

書き込みは遅いですが、読み込みは早いですし、HDDの容量を無駄なく利用できるという利点があります。

例えば、2TBのHDDを6本組み合わせてRAID5を構成すると、実質、10TBもの容量を利用することができます。

仮に、RAID1で構成したとすると、6TBしか利用できません。

このような、素晴らしいRAID5ですが、実はこの耐障害性という点において、大きな盲点があるのです・・・。
続きを読む

Windows8でアプリケーション一覧を表示させるショートカットキー

Windows8では、それまでの「スタート」ボタンがなくなったので、例えば、メモ帳を開くのにも手間取る方がいるかもしれません。

そのような時には、アプリケーション一覧を表示できるショートカットキーを覚えましょう。

この、アプリケーション一覧のショートカットキーは、Windows8を使う上で、必ず覚える必要があるといっても過言ではありません。

Windows8でアプリケーション一覧のショートカットキー


Windows8でアプリケーション一覧を表示させるショートカットキーは以下の通りです。

Windowsキー + Q

このショートカットキーで、下図のようなアプリケーション一覧画面を表示させることができます。

Windows8ではショートカットキーでアプリケーション一覧を表示させることができる

Windows8ではショートカットキーでアプリケーション一覧を表示させることができる



最初は操作に慣れにくいWindows8ですが、ひとたび使い方を覚えると、以前よりも素早くメニューにたどり着くことができると思います。

ぜひ、Windows8のショートカットキーを覚えて、快適な操作感を手に入れてください。

超便利!Windows8の「記憶域」で冗長化3TBドライブを格安作成!

Windows 8 の新機能として登場した「記憶域プール」。

Windows 8 では、タッチパネルを意識したUIのことばかり語られがちですが、使ってみると実はかなり革新的な変化を遂げていることに気づきます。

その一つが、「記憶域プール」です。


Windows 8 の記憶域プールを使うとどんなことができる?


この記事では、たった2万3000円ほどで、3TB冗長化されたドライブを、簡単に作成する方法をご紹介します。

方法としては、3TBのHDDを2台購入し、記憶域プールの機能を使って冗長化しますので、1台のHDDが故障しても、データが失われることがありません。

これまで、外付けHDDなどに、手動でバックアップを行っていた方は、データの安全性や作業効率などに関して、劇的な改善がみられるかもしれません。


続きを読む

VirtualBoxでプリンタリダイレクトを複数回行うことができるか?

VirtualBox上で動作させているWindowsマシンから、ローカルのプリンタに出力することは可能です。

USB接続しているプリンターであれば、USB2.0(EHCI)コントローラーを有効化した状態で、USBデバイスフィルターに追加します。

USBコントローラーを有効にすれば、VirtualBoxからのプリンタリダイレクトは簡単に可能

VirtualBoxでプリンタリダイレクトを複数回行うことができるか?



そして、USBプリンタデバイスを、VirtualBoxで有効にすれば、完了です。

VirtualBoxでUSB接続を有効にする

VirtualBoxでUSB接続を有効にする




では、VirtualBox上のWindowsマシンから、さらにリモートデスクトップでつないだ先のWindowsマシンから、ローカルプリンタに出力することが可能なのでしょうか?

つまり、プリンタリダイレクトを2回おこなって、ローカルプリンタから印刷することができるのでしょうか。


結論:プリンタリダイレクトは複数回行うことができる


試してみたところ、プリンタのリダイレクトを、複数回にわたってホップさせることが可能でした。

条件としては、ローカルマシン、VirtualBox上のマシン、さらに、リモートデスクトップ上のマシンすべてに対して、プリンタのドライバがインストールされていることが必要です。


ただし、ドライバーのインストールに失敗するケースが多々ありますので、ドライバファイルをインストールする前に、プリンタをUSB接続してしまうことのないように気を付けましょう。

プリンタの認識に失敗してしまった場合は、ドライバをアンインストールしたのちに、再度チャレンジしてみてください。

複数回にわたって、プリンタをリダイレクトさせることは可能です。