iPad Air 2用のカーチャージャーを選ぶ際の3つの注意点

iPad Air 2は、カーナビとしても優秀な働きをしてくれます。

しかし、問題になるのはバッテリーの持ち

カーナビを使いながら一日ドライブすると、朝は満充電でも、夕方にはかなり危ういバッテリー残量になってしまいます。

道中、カメラや動画撮影も行うと、確実に0%になってしまいます。


それで、シガーソケットから充電できるタイプのUSBカーチャージャーがあると安心です。

しかし、iPad Air 2用のカーチャージャーを選ぶ際には、いくつかの注意点があります。


1.5V(5ボルト)で2A(2アンペア)対応のものを選ぶ


これが最も陥りがちな落とし穴です。

シガーソケットに装着するタイプのカーチャージャーには、大きく分けて2種類のものがあります。

ひとつは、5V1A(5ボルト1アンペア)のものと、5V2A(5ボルト2アンペア)のものです。

大抵のスマートフォンなどは、5V1Aのタイプを買う必要がありますが、iPad Air 2では、5V2Aのものを購入する必要があります。

もし、供給電力の低い5V1Aタイプのものを選んでしまうと、iPadは充電されません。


2.Samsung製のチャージャーを使わない


これは実経験ですが、Galaxy Tab用のカーチャージャーも、5V2A対応をうたっているのですが、iPadを充電することができません。

未確証ですが、Galaxy Tab以外のものを接続した際には、正常にチャージできないように設計されているという情報があります。

以下のようにiPad Air 2は「充電していません」という表示になってしまいます。

Galaxy Tab用のカーチャージャーは5V2AだがiPad Air 2は充電できない

Galaxy Tab用のカーチャージャーは5V2AだがiPadは充電できない




3.シガーソケットを分岐させている場合には、最大出力を確認する


シガーソケット用の機器を複数接続するために、ソケットを分岐させることのできる商品がありますが、

もしそのようなものをお使いの場合には、全ソケット合計での最大出力を確認しましょう。

もし、iPad Air 2を接続しようと思っているソケットに、2Aの電流が流れないとすれば、これも充電できない要因になってしまいます。


4.私が買った商品


iPad Air 2の仕様を確認し、いろいろと調べた結果、以下の商品が実績があり、値段もリーズナブルで、購入しました。

購入して3か月経ちますが、快適に動作してくれています。

あまりブランド力のないものは、過充電保護用の回路が設けられていなかったり、初期不良があったりと、様々な違いがありますが、これは値段の割に、最もしっかりしていると思いました。

RAVPower USB カーチャージャー 車載充電器 iPhone iPad スマホ タブレット モバイルバッテリー 対応 RP-CC01(黒)
RAVPower USB カーチャージャー 車載充電器 iPhone iPad スマホ タブレット モバイルバッテリー 対応 RP-CC01(黒)



iPad Air 2用のシガーソケットタイプのカーチャージャーの購入を検討しておられる方のご参考になれば幸いです。

購入しようと思っておられる機種がiPad Air 2に対応しているかどうかご不安な方は、コメント欄でお尋ねくだされば、可能な限りでお答えさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。