iPad Air 2に最適なFMトランスミッター – LAT-FMB04BK

iPad Air 2をカーナビとして使いつつ、FMトランスミッターで音楽を聞きたい場合があるかもしれません。

しかし、FMトランスミッターにも様々な商品があり、安いものは数百円から、高いものなら5000円ほどするものも存在します。

口コミを見ても、使用感にはかなり個人差があり、なかなか選びきれません。

そこで、私が入念に調査して購入した、iPad Air 2用にお勧めできるFMトランスミッターを、ご紹介したいと思います。


ちまたでの人気はこれだが…ちょっと高い


J-Force Bluetooth FMトランスミッター ( AAC / aptX対応 ) ブラック JF-BTFMAXK
J-Force Bluetooth FMトランスミッター ( AAC / aptX対応 ) ブラック JF-BTFMAXK

注目できるのは、対応コーデックです。iPad Air 2では「AAC対応」がおすすめです。これは、音楽を転送する際に、どのように圧縮するかという方式なのですが、iPad Air 2はAACというコーデックで音楽を送信しますので、FMトランスミッターもAACに対応していれば、音質の向上を期待できるという訳です。


充電用のUSBポートがついている機種が絶対にいい


ドライブする際には、カーナビとして使う機会もあるでしょう。音楽も流し続けるとなると、確実に一日で電池がなくなります。

それで、USBの充電用ポートがついていることは絶対条件です。

しかし、ほとんどのFMトランスミッターについている充電用ポートは、1A(アンペア)のものしかありません。

ここが落とし穴です。上記の人気機種も、1Aにしか対応していません。

iPad Air 2は2A(アンペア)の電力がなければ、充電を開始してくれないのです。

そこで、この2Aに対応しつつ、FMトランスミッターとしても申し分ない機能を備えているのが、ELECOMの以下の商品(LAT-FMB04BK)です。

ELECOM FMトランスミッター バスブースト付き 充電用USBポート搭載 迫力重低音 2.4A充電 ブラック LAT-FMB04BK
ELECOM FMトランスミッター バスブースト付き 充電用USBポート搭載 迫力重低音 2.4A充電 ブラック LAT-FMB04BK


パッケージはこんな感じです。

iPad Air 2に最適なFMトランスミッター

FMトランスミッターのパッケージはこんな感じ



サイズは、思っていたよりもコンパクトだなという印象でした。

手のひらに乗せるとこのぐらいのサイズ

手のひらに乗せるとこのぐらいのサイズ




iPad Air 2への充電もバッチリで、音質も全く問題ありませんでした。

高速道路を移動中に、地方FM局の影響でノイズが入る場合には、時々周波数を変えてやることで、再びクリアな音質を取り戻すことが出来ます。

価格も1600円程度で、操作もシンプルで、とても良いと思いました。


Bluetoothでない方がむしろ良い


上記の商品は、ワイヤレスではないのですが、むしろ、そのほうがいいと思いました。

有線の部分がアンテナの役割を果たして、車のFMが電波を拾いやすくなっています。

それに、iPad Air 2をカーナビとして使う際にも、ケーブルがあった方が、安定感が増して、横滑りしにくくなるというメリットがありました。


ぜひ、iPad Air 2を使って、ドライブで音楽を聞きたい方のご参考になればと思います。

さらなる使用感など、ご質問があれば、コメント欄でお答えさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。