Linuxでロードアベレージを確認する最も簡単な方法

Linuxを利用している場合、ロードアベレージ(load average)を見ると、サーバーにどのぐらいの負荷がかかっているのか調べる事ができます。

自分のウェブサイトの表示が遅くなっていると感じる場合は、このロードアベレージの数値を確認してみるとよいでしょう。


SSHで接続して下記のコマンドを入力します。

top


これで、現在どのぐらいの処理がたまっているのかを知る事ができます。

確認する数字のポイントは、下図の通りです。

topコマンドでロードアベレージを確認する

Linuxでロードアベレージを確認する方法


左から順番に、過去1分間のロードアベレージ、過去5分間のロードアベレージ、過去15分間のロードアベレージという数値になっています。

このロードアベレージの数値が1以上になると、処理待ちのプロセスが存在し、遅延が発生しているということになります。

ただし、サーバーのCPUコア数も関係してきますので、サーバーにプロセッサが2個ついていれば、ロードアベレージは2以下であれば一般的には問題ないと言えます。


こうして、Linuxにおいて、topコマンドを用いる事でロードアベレージを確認する事ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。