VMware Toolsの自動アップデートに失敗したときの対処法

ESXiのアップデートを行ったり,パッチを当てた際には,VMware Toolsも最新版にアップデートする必要があります。

その際に,VMを一括で選択して,Automatic Updateを行う場合があるかもしれませんが,いくつかのVMにおいて,VMware Toolsの自動アップデートが失敗してしまうことがあります。

下記のエラーがでるかもしれません。

Error Upgrading VMware Tools
vix error code = 21009

そのような時には,次の手順を踏むと,VMの再起動を必要とすることなく,VMware Toolsをアップグレードすることができます。
続きを読む

iOS8.4にアップデートすると遅くなった

先日、Apple Musicの革新を引っ提げて、iOS8.4がリリースされました。

それで、さっそくアップデートを行ってみました。


iPad Air 2での動作が遅くなった


iPad Air 2をiOS8.4にアップグレードすると、動作が遅くなってしまいました。

現行モデルの最新機種ですので、スペックが不足しているとは思えないのですが、

スリープ状態からホームボタンを押した時の立ち上がりが、体感でかなり遅くなってしまいました。

ボタンを押せていなかったのかと思い、もう一度押してしまうほどです。


他のアプリでも、明らかに処理が遅くなっています。

Candy Crushなどのゲームの挙動を見ても、iOS8.4では、体感できるほどの遅さがあります。

アプリ側がiOS8.4に十分に対応していないことが原因とも考えられますので、アプリのアップデートによって改善されることを期待したいと思います。


iPhone6での動作もやや遅くなった


iPhone6のほうでは、特にスリープ解除時の遅さは感じないものの、アプリ側でのもっさり感は出てしまっているものがあります。


とはいえ、耐えられないほどの遅さではありません。

また、Apple Musicの3か月無料期間は、試す価値がある素晴らしいアプリになっていますので、アップデートはぜひおすすめしたいと思います。

同じ症状に悩まされている方のご参考になればと思い、情報を共有させていただきました。

同様の症状の方、また改善された情報をお持ちの方がおられれば、ぜひコメントくだされば幸いです。

Macの10.7.4のアップデートで無線LANが繋がらなくなる

Mac OSXの10.7.4のアップデートを行った直後から、無線LANが繋がらなくなってしまいました。

iPhoneやiPad、Windowsなどの他のデバイスからは問題なく繋がるという症状が出ています。

Macのネットワークの設定を見ると、「自己割り当てIP」というものが設定されており、無線ルーターからDHCPでIPアドレスを割り当てられていないような状況です。

海外のコミュニティでも同様の不具合の報告が上げられており、OSのバグなのではないかという声が上がっております。

「BluetoothをOFFにしたら繋がるようになった」
「コンピュータの再起動で繋がるようになった」
「既存のネットワークの設定をすべて削除して再設定したら繋がった」
「VMWare Fusion 4 のWifiアダプタを無効にしたら繋がった」

などという方法で、症状の改善が見られた報告もありますが、いずれも根本的な解決には至っていないようです。

https://discussions.apple.com/thread/3953756?start=0&tstart=0(別ウィンドウ)