ハイブリッドブートを無効にする方法【Windows 8】

Windows 8 では、ハイブリットブートと呼ばれる、起動の高速化を優先するモードがデフォルトになっています。

ハイブリットブートとは、簡単に言うと、現在のメモリの状態を、いったんHDDに保存してから、スリープ状態にすることです。

これまでのスリープ状態は、メモリ上にデータを残したまま、省電力状態に入るようになっていました。ですので、アクシデントで電源が落ちてしまうと、メモリ上にあるデータは飛んでしまうということです。

しかし、ハイブリットブートでは、メモリの状態をHDDに格納しますので、比較的安全ですし、起動の速さも実現しています。

Windows 8 では、「シャットダウン」ボタンを押すと、デフォルトでハイブリットブートを行うようになっています。


ハイブリットブートのデメリットとは?


Windows 8 では、単にシャットダウンをするだけでは、ドライバの再起動などを行ってくれません

ですので、ドライバ関係で不具合が起こっている場合には、ハイブリットブートを無効にし、従来通りの再起動を行いたいと思うでしょう。


どうやってハイブリットブートを無効にする?


コントロールパネル電源オプション電源ボタンの動作を選択する現在利用可能ではない設定を変更します高速スタートアップを有効にする(推奨)

のチェックを外して、変更の保存をクリックします。

Windows 8 でハイブリットブートを無効にする方法

Windows 8 でハイブリットブートを無効にする方法


こうして、Windows 8 において、ハイブリットブートを無効にすることができました。

Windows Updateのインストールをコマンドで実行する方法

Windows Serverにおいて、再起動を伴うWindows Updateのインストールを、コマンドから実行したい場合があります。

例えば、タスクスケジューラで深夜に再起動を予定している場合、依存関係のあるWindows Updateの存在がすでに分かっており、2回再起動しなければならない場合があります。

そのような際に、Windows Updateのインストールトリガーも、コマンドで起動させることができれば、タスクスケジューラでサーバーメンテナンスを完結させることができるからです。

では、Windows Updateのトリガーをコマンドで起動させる方法を考えてみます。
続きを読む