SQL Server 2012のダウングレード権でSQL Server 2008 R2を利用する方法

SQL Server 2012】から、ライセンスの形態が変わりました。

2012から2008に対してダウングレード権を行使する事ができるのかどうか、疑問に思うかもしれません。


Standard Editionに関してだけ変更点を簡単にまとめますと、

SQL Server 2008 R2】では、プロセッサ数あたりに対して課金されていたものが、【SQL Server 2012】では、コア数あたりに対して課金されるようになりました。


そして、【1プロセッサ=4コア】という方法で換算されています。


ですので、【SQL Server 2012】 のライセンスで、【SQL Server 2008 R2】に対してダウングレード権を行使して使用するためには、

SQL Server 2012】の2コアライセンスを2つ購入する事によって、【SQL Server 2008 R2】を1プロセッサで利用する時と同じ権利が得られる訳です。


ちなみに、コアライセンスは、2コア単位で購入する事ができますが、最低4コア必要という条件があります。


こうして、【SQL Server 2012】 の2コアライセンスを2つ購入する事によって、【SQL Server 2008 R2】へダウングレード権を行使する事ができるようになりました。

ServerライセンスとCALライセンスを組み合わせて利用する形態の場合は、この限りではありませんので下記のMicrosoftの情報をご参考になさって下さい。

【参考】
http://www.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/2012/howtobuy/default.aspx(別ウィンドウで開きます)

KMSクライアントなのかKMSホストなのか確認する方法

ボリュームライセンスメディアでWindowsをセットアップした際に、

KMSクライアントになっているのか、KMSホストになっているのか確認したい場合があります。


そのような場合には、コマンドプロンプトを管理者で実行し、下記のコマンドを入力します。

cscript %WinDir%\System32\slmgr.vbs -dli

すると、KMSクライアントの場合は、下記の文字列が確認できます。
VOLUME_KMSCLIENT channel

KMSクライアントなのかKMSホストなのか確認する方法

KMSホストの場合は下記の文字列が確認できます。
VOLUME_KMS_x channel
(VOLUME_KMS_R2_x channel)


ちなみに、OEMライセンスの場合は、下記の文字列が確認できます。
OEM_SLP channel

こうして、WindowsマシンがKMSクライアントになっているのか、KMSホストになっているのか、確認することができました。

PhotoshopCS2【Adobe Updaterは管理者権限を持つユーザのみが実行できます】

Photoshop CS2をWindows7にインストールした際、アクセス権限エラーのアラートが現れ、

Adobe Updaterは管理者権限を持つユーザのみが実行できます

Adobe Updater は管理者権限を持つユーザのみが実行できます。

というエラーメッセージが現れます。

そのような場合には、Adobe Updaterを自動起動させないことで対応できます。

自動起動させない設定方法は、下記のファイルを管理者権限で実行します。

“C:\Program Files\Common Files\Adobe\Updater\AdobeUpdater.exe”

AdobeUpdater.exeを管理者として実行

そして、下図のように、【毎月、自動的に新しいアップデートを確認する】のチェックを外してOKを押せば完了です。

毎月、自動的に新しいアップデートを確認するのチェックをはずす

これで、Windows7上のPhotoshopCS2において、Adobe Updaterを自動起動させないことができます。