Hyper-Vで仮想マシンが消失した場合の対処法

Hyper-V Managerを立ち上げると、突然、すべての仮想マシンが消失している場合があります。

まったく心当たりがないだけに、何が起こったのかさっぱり分かりません。

別のホストに移動してしまったかな?なんて、ほかのHyper-Vホストをくまなく探してみるも、やっぱり仮想マシンが消失しているようです。

Explorerで見ると、仮想マシン自体のファイルは存在しているようです。

それで、もう一度Hyper-V Managerに仮想マシンを登録すればいいかな、なんて思ってつつき始めるも、構成ファイルが壊れてしまったら、いよいよ元に戻れなくなってしまうな…と焦ります。

仮想マシンに対してPingを打ってみると、応答があるので、一応VM自体は動いているようです。
続きを読む

VMwareでConfiguration Parametersがグレーアウトしている場合の対処法

vSphereでVMの設定を変更しようと思い、Configuration Parametersをクリックしようとした際、グレーアウトしてしまって、設定を変更できない場合があります。

Windows版のvSphere Clientでも、Web vSphere Clientでも、Configuration Parametersを編集することができません。

vSphere Clientで見ると、configuration parametersがグレーアウトされてしまっている

vSphere Clientで見ると、configuration parametersがグレーアウトされてしまっている



そのような時には、以下の項目を確認すると、変更できるようになります。


1.VMがパワーオフされているかどうか確認する

続きを読む

動的メモリ(Dynamic Memory)を使わずにHyper-VのHot-Addを有効にする方法

動的メモリ(Dynamic Memory)とは、仮想マシンに割り当てるメモリの量を、必要に応じて増減する機能です。

そうすることにより、効率的にメモリを利用することができます。

動的メモリは、Windows Server 2008 R2から導入された機能です。


しかし、動的メモリにもデメリットがあります。

例えば、与えられたメモリをすべて使い切るように設計されているアプリケーションを動かす場合には、すぐにメモリが枯渇してしまうでしょう。


しかし、仮想マシンを停止することなく、メモリを追加できるHot-Add機能は魅力的です。


では、動的メモリ(Dynamic Memory)を使わずにHyper-VのHot-Addを有効にすることが可能なのでしょうか。
続きを読む