Mac OSX Lionでログイン画面の言語を変更する方法

※コメント欄に追記あり(2013/5/7)

Mac OSX Lionからは、リカバリメディアといったものは付属せず、インターネットリカバリーの手段を用いることになります。

その際に、注意しなければならないことがあります。

それは、ログイン画面の言語設定は、後から変えることができないということです。

もちろん、ログイン後のOSの表示言語設定は、後から変えることができます。

しかし、なぜかログイン画面だけは、後から言語を変えることができない仕様になっているのです。

では、それを回避するためのリストア方法を以下に記します。

1.Command + R で起動し、Mac OS X ユーティリティを立ち上げます


Mac OSX Lionでインターネットリカバリをするためには、まず、Command + R を押下した状態でマシンを起動させます。

すると、Mac OS X ユーティリティが立ち上がります。


2.Mac OS X ユーティリティの表示言語設定を変更します


ここがポイントです。

Mac OS X ユーティリティの表示言語設定が、そのまま、リストア後のログイン画面の言語設定になるようです。

Mac OS X ユーティリティが表示されているときの画面最上部のメニューの中に、言語設定があると思いますので、設定したい言語に変更してから、インターネットリカバリを実行してください。


こうして、Mac OSX Lionのインターネットリカバリ後の、ログオンウィンドウの言語設定を変更することができました。

CentOSで表示言語を簡単に変更する方法

CentOSを立ち上げた後で、言語設定を変更したい場合があるかも知れません。

Windows Serverですと、再インストールが望ましいですが、CentOSでは、簡単に表示言語の設定を変更することができます。

1.コマンド入力画面でrootユーザーになる


コマンド入力画面で、suコマンドにより、root権限のあるユーザーに昇格します。

su -
パスワード:


2./etc/sysconfig/i18nを編集する


CentOSの表示言語設定を変更するために、下記のコマンドを入力します。

vi /etc/sysconfig/i18n

CentOSの表示言語を英語に変更したい場合は、LANGを下記のように書き換えます。

LANG="en_US"


3.再起動する


再起動すると、言語が変更されたことに伴い、ディレクトリ名なども自動でリネームしようとしてくれます。

その際、ダイアログが立ち上がりますので、ウィザードに従い、リネームを完了します。


こうして、CentOSにおいて、OSを再インストールすることなく、表示言語を変更することができました。