PDFをコピペしようとしたら文字化けしてしまう場合の対処法

PDF内の文字列をコピー&ペーストしようとしたら、貼りつけた際に文字化けしてしまう場合があります。

PDFからコピペできる専用のPDFソフトや、文字化け解消用のフリーソフトを使えば何とかなるかもしれませんが、なるべくなら簡単に文字化けを解消したいでしょう。

ただ単に、PDFから文字列をコピぺしたいだけなのです。

そこで、まず簡単に試せることがあります。

続きを読む

AndroidにFlash Playerをインストールする簡単な方法

Android端末でYoutubeなどの動画が見れない場合には、Flash Playerがインストールされていないことが原因かも知れません。

とはいえ、Flash Playerは、Android4.0までにしか対応していないので、Google Playからインストールすることができません。

そのようなときには、次のステップを踏むことで、AndroidにFlash Playerをインストールすることができ、動画を再生することが出来るようになるかも知れません。

1.提供元不明のアプリのインストールを許可するようにする


次の場所から、提供元不明のアプリのインストールを許可するように設定してください。

[設定] > [セキュリティ] > [提供元不明のアプリ] にチェックを入れましょう。


2.Flashのインストーラーをダウンロードする


以下のURLから、最新のFlash Playerのインストーラーをダウンロードしてください。4.5MBほどです。(2013/11/15時点)

Flash Player 11.1 for Android 4.0 (11.1.115.69)

そして、ダウンロードしたFlash Playerのインストーラーファイルを、Android端末に持っていきます。

簡単な方法は、自分自身のGmailに、添付ファイルとして送信して、Androidから受信するのがよいかもしれません。


3.インストーラーファイルをAndroid上で実行する


install_flash_player_ics.apkというファイルを実行すると、自動的にFlash Playerのインストールが始まり、完了します。

これで、ブラウザからYoutubeなどの動画を再生してみてください。


こうして、Android端末にFlash Playerをインストールすることができました。

PDFエラー「このコンピューターの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。」の対処法

IEでPDF文書を閲覧しているとき、閲覧開始後、30秒程度で、下記のエラーが表示される場合があります。

このコンピューターの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。

これは、Acrobat Readerの中の別のプロセスが起動しようとすることに起因して、それらを許可していないターミナルサーバーなどの場合には、エラーが出てしまうという現象かもしれません。

PDFを開いてから、決まって30秒後に、上記のエラーが表示されるようでしたら、Acrobat Readerのオンラインアップデートのチェック機能が反応している可能性が高いです。

ですので、そのような場合には、管理者でログインし、Acrobat Readerのアップデート機能を無効にするか、アップデート機能のプロセスを許可する必要があります。

こうして、IEでPDFを開いた際の、「このコンピューターの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。」というエラーを解消することができました。

Adobe Readerのスタンドアローン版をダウンロードする方法

Adobe Readerをダウンロードしようとすると、インターネット環境にないマシンではインストールできないセットアップファイルがダウンロードされてしまいます。

しかし、イントラ環境にある社内で再配布したい場合などには不便です。


そのような場合には、Adobe Readerのスタンドアローン版をダウンロードする必要があります。

AdobeReaderのスタンドアローン版(再配布版)は下記のURLからダウンロードすることができます。

ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/win/(別ウィンドウで開きます)


上記のURLから、まず、Adobe Readerのバージョンを選択していきます。

最新のAdobe Readerのバージョンを選択する



そして、言語を選びます。

Adobe Readerの言語を選択する



その後に現れるexeファイルを右クリックして【対象をファイルに保存】します。


こうして、AdobeReaderのスタンドアローン版をダウンロードすることができました。

Acrobat 8 Professional のアップデータを一度に適用する方法

PCをリカバリしたり、Windows7にアップグレードする際、
Acrobat 8 Professionalを再インストールしなければならない状況があります。

そこで、最新版までのアップデートを行わなければなりませんが、
インターネットに直接つながっていないイントラ環境の場合は、手動でアップデータをインストールする必要があります。

ところが、Acrobat8のアップデータは、

【8.0.0】→【8.1.0】→【8.1.2】・・・【8.3.2】

という具合に、合計17個(2012/3/30時点)ものインストールを行う必要があり、それぞれ再起動が求められるので、非常に手間のかかる作業になってしまいます。

そこで、一度でアップデータを適用する方法が下記に記載されています。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/233/233584.html

ちなみに、上記URL内に補足的に記載されている下記の方法を行うと、インストーラーが正常に動きませんので注意が必要です。

1.「6468.mst」ファイルをダウンロードし、上記手順 1. のフォルダに追加します。
2.「setup.ini」ファイルの [Product] セクションで、CmdLine= に以下のように「6468.mst」ファイルを追加します。 

CmdLine=TRANSFORMS="AcroPro.mst;6468.mst" ADDLOCAL=ALL