ユーザーのmsExchMailboxGuidが変わってしまった場合の対処法

msExchMailboxGuidが変わってしまった場合,

次にOutlookを立ち上げた際,メールボックスを見つけることができず,新規メールボックスを作成してしまいます。

以下のようなコマンドを流すと,メールサーバー内にあるすべてのメールボックスが一覧で表示されます。

Get-MailboxStatistics -Server MAILSERVER01 | Select displayname, MailboxGUID, Mailbox, DatabaseName, ItemCount, TotalItemSize, LastLoggedOnUserAccount, DisconnectReason >result.csv

しかし,どちらのメールボックスも,Disconnectされたというステータスにはならないので,DisconnectReasonのフラグは空になったままです。

Disconnectされたというステータスにならないと,New-MailboxRestoreRequestのコマンドを叩くことができません。



そのような場合,下記のコマンドで,切断状態になっていない切断済みメールボックスをスキャンすることができます。

Clean-MailboxDatabase MBD01

実際にメールボックスを切断するには、Disable-Mailbox というコマンドを使用します。メールボックスを切断して Active Directory からユーザー オブジェクトを削除するには、Remove-Mailbox というコマンドを使用します。

【Android】同期を待機中-まもなくメールが表示されます-の対処法

Androidメールアプリを利用して、Exchangeとメールボックスを同期しようとした際、以下のようなメッセージがずっと表示され、待機中の画面から変わらない場合があります。

同期を待機中 まもなくメールが表示されます

Office365や、オンプレミスでExchangeを運用している場合などで、ActiveSyncAndroidで利用しようとする際に、起こる場合があります。

そのようなときには、以下の方法を試してみると改善するかもしれません。

続きを読む

blocklist.zapとは?エラーメールの対処法

メールがエラーで送信できない場合に、「88.blacklist.zapを使って、クライアントホストをブロックした」という旨のエラーが帰ってくることがあります。

88.blacklist.zapとは?


88.blacklist.zapとは、Microsoft Forefrontが管理する、内部的なブラックリストです。

つまり、送信先に導入されているMicrosoft Forefrontのセキュリティ機能で、送信元のIPアドレスがブロックされてしまった訳です。

ですので、そのブラックリストから除外してもらうためには、delist.forefront@messaging.microsoft.comにエラーメールを転送して申告する必要があります。(エラーメール内に詳細が記述されています。)

通常、24時間から48時間程度で、ホワイトリストに反映されるようです。