動的メモリ(Dynamic Memory)を使わずにHyper-VのHot-Addを有効にする方法

動的メモリ(Dynamic Memory)とは、仮想マシンに割り当てるメモリの量を、必要に応じて増減する機能です。

そうすることにより、効率的にメモリを利用することができます。

動的メモリは、Windows Server 2008 R2から導入された機能です。


しかし、動的メモリにもデメリットがあります。

例えば、与えられたメモリをすべて使い切るように設計されているアプリケーションを動かす場合には、すぐにメモリが枯渇してしまうでしょう。


しかし、仮想マシンを停止することなく、メモリを追加できるHot-Add機能は魅力的です。


では、動的メモリ(Dynamic Memory)を使わずにHyper-VのHot-Addを有効にすることが可能なのでしょうか。
続きを読む