Mac Lion ServerのWikiがIE9から閲覧できない場合の対処法

Mac Lion ServerWikiのサービスを有効にした際に、IE9から閲覧しようとすると、以下のようなエラーが出てしまうことがあります。

未サポートのブラウザ
お使いのブラウザはサポートされていません。
Lion Server 上で Wiki サーバを使用するには、Safari、Chrome、Firefox、または Internet Explorer の最新バージョンが必要です。または、このページに iPod Touch、iPhone、または iPad からアクセスしてください。

Unsupported Browser
Your browser is not supported.The latest version of Safari, Chrome, Firefox or Internet Explorer is required to use Wiki Server on Mac OS X Lion Server. Alternatively, visit this page from an iPod Touch, iPhone or iPad.


このような場合にはまず、IE9のツールメニューから、互換表示設定を選択します。

そして、「イントラネットサイトを互換表示で表示する」をアンチェックしてみてください。

これで、Mac Lion ServerのWikiページを、IE9から閲覧することが出来るようになるかもしれません。


バード電子 マックスタンド MAC-ST
バード電子 マックスタンド MAC-ST

PDFエラー「このコンピューターの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。」の対処法

IEでPDF文書を閲覧しているとき、閲覧開始後、30秒程度で、下記のエラーが表示される場合があります。

このコンピューターの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。

これは、Acrobat Readerの中の別のプロセスが起動しようとすることに起因して、それらを許可していないターミナルサーバーなどの場合には、エラーが出てしまうという現象かもしれません。

PDFを開いてから、決まって30秒後に、上記のエラーが表示されるようでしたら、Acrobat Readerのオンラインアップデートのチェック機能が反応している可能性が高いです。

ですので、そのような場合には、管理者でログインし、Acrobat Readerのアップデート機能を無効にするか、アップデート機能のプロセスを許可する必要があります。

こうして、IEでPDFを開いた際の、「このコンピューターの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。」というエラーを解消することができました。

IE9なのにタスクバーにIE8のアイコンが表示される場合の対処法

Windows7で、IE8をIE9にアップグレードした際に、タスクバーに表示されるアイコンがIE8のままになってしまう場合があります。

そのような場合には、下記の方法を試してみると良いかもしれません。

1.Windowsを再起動する


ひとまず再起動というのは短絡的なようですが、割と有効な手法です。

キャッシュが消えて、IE9のアイコンがタスクバーに表示されるようになるかもしれません。

2.タスクバーにこのプログラムを表示しない


IEのショートカットアイコンを右クリックし、「タスクバーにこのプログラムを表示しない」をクリックします。

タスクバーにこのプログラムを表示しない

再び、「タスクバーにこのプログラムを表示する」をクリックします。

そうするとキャッシュが消えて、IE9のアイコンが現れる場合があります。


3.スタートメニュー内のIE9のショートカットのプロパティを変更する


スタートメニューの中に、InternetExplorer9のショートカットがあると思います。

それを右クリックし、「プロパティ」内の「アイコンの変更」からIE9の適切なアイコンを選択します。


こうして、IE9にアップグレードしたのに、タスクバーにIE8のアイコンが表示される不具合を解消することができました。