MacRuby.orgのウェブサイトがリニューアルしていました

http://macruby.org/のウェブサイトがリニューアルしていました。

新しいサイトは、GitHubで管理されるかたちになりました。

GitHubは、Rubyな人々にはかねてから人気のあるサービスです。

これにより、MacRubyの開発にさらなるはずみがつくことを期待したいと思います。

MacRubyのウェブサイトがリニューアルしました

iOSでMacRubyを使う–RubyMotionとは?

2012年5月3日、RubyMotionがリリースされました。

RubyMotionは、Objective-Cに代わる最高の選択肢です。

RubyMotionはMacRubyをベースにしており、iOSでのアプリ開発をターゲットにしています。

MacRubyでは、iOSを開発する事はできませんでした。なぜなら、MacRubyはObjective-CのGarbage Collectorに依存しており、それはiOSでは用いる事ができなかったからです。

新しいランタイムは軽量で効率的でなかればなりませんでした。さらに、コードがiOS上で動くだけではなく、コンパイラーとやり取りできたり、デバッグやパッケージを作成したりするツールが必要でした。

RubyMotionがすばらしい製品であることは、誰も疑わないでしょう。しかし考えるべきなのは、「資金や時間や労力を投じてまで、Appleの言語やツールに取って変えるだけの価値があるのだろうか」ということです。

この記事では、良い点とそうではない点を、できる限りバランスよく紹介して、RubyMotionについての理解を深めてもられればと思います。
続きを読む

MacRubyでアプリを作るべき7つの理由

MacRubyは、まだバージョン1.0にもなっていませんが、それでもMacのデスクトップアプリを作るのにはMacRubyが最善の選択肢です。その理由は以下の7つです。

1.MacRubyがOS X Lionに含まれている

アップルはOS X LionのプライベートフレームワークとしてMacRubyを採用しています。まだMacRubyはパブリックフレームワークとしては採用されていませんが、それでも、MacRubyを含めたことはAppleの強い意気込みを感じる安心材料です。

2.フレームワークの埋め込み。MacRubyフレームワークを.appにバンドルして配布することがより効率的になった

我々のアプリケーションは、MacRubyのフレームワークを埋めこんでも10.9MBまで圧縮されています。以前のバージョンのMacRubyでは18MB以上になっていたことを考えると、非常に大きな進展です。

3.商用アプリケーションの配布

アプリを配布する前に、MacRubyコードをコンパイルすることができますので、ソースを公開する必要がありません。商用のアプリを開発しているなら、これは非常に重要なことでしょう。

4.Xcode4

Xcode 4でMacRubyを開発することができます。Xcode3と比較すると飛躍的に機能が向上しています。

5.コミュニティ

MacRubyを開発していると、Railsが登場した初期のころを思い起こします。皆、その生産性の高さに気付き始めています。少数ながらも情熱的な支持者がいます。そのコミュニティーには力強いエネルギーがみなぎっています。

6.タイミング

優秀なRubyプログラマーがすでに大勢いるので、間もなくMacRubyはデスクトップアプリに次々採用されていくでしょう。勢いのあるアプリ制作により、素晴らしいMacアプリが生み出されていくに違いありません。Railsのように、有益で楽しいアプリの新しい波が来るに違いありません。

7.Rubyの互換性

Rubyは驚くべき機能を持っていますが、MacRubyはそれを無料で利用できるのです。互換性はますます高まっています。NokogiriやSQLiteなどなど、すでに利用することができます。


参照:MacRuby for the Desktop: Seven Reasons

MacRubyでカスタムフォントの埋め込み

MacRubyアプリで、カスタムの埋め込みフォントを使いたい場合、ユーザーにフォントをインストールしてもらう必要はありません。

リソースフォルダに、フォントファイルを置いて、以下のコードを用いるだけです。

font_location = NSBundle.mainBundle.pathForResource('MyCustomFont', ofType: 'ttf')
font_url = NSURL.fileURLWithPath(font_location)
# in MacRuby, always make sure that cocoa constants start by an uppercase
CTFontManagerRegisterFontsForURL(font_url, KCTFontManagerScopeProcess, nil)

これで、カスタムフォントが利用可能になりました。そして、テキストフィールドのインスタンスのフォントを以下のように設定します。

text_field.font = NSFont.fontWithName('MyCustomFont', size:24)

一つだけ注意すべきなのは、Cocoa APIの呼び出しに関して、Cocoa APIリファレンスではkCTFontManagerScopeProcessとしているところを、Rubyでは、定数が大文字から始まるので、KCTFontManagerScopeProcessとしなければなりません。

Embed a custom font

Xcode4でrubyを使うための準備

①まずrvmをインストールする



ターミナルを起動



$ bash <  Duping  <(curl  cheap mlb jerseys  -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm)


②シェルのrcファイルを編集する

(~/.bashrc_profile がなければtouchコマンドで作成する)



vi /Users/アカウント名/.bashrc_profile


下記の1行を追加して保存。



if test -s $HOME/.rvm/scripts/rvm; then  3  source  cheap jerseys  $HOME/.rvm/scripts/rvm ; fi


ログアウトする。

logout


②再びターミナルを起動して、下記を入力



$ rvm pkg  wholesale jerseys China  install  Celebrations  readline


これで、rvmが利用可能になる。



③rvmを使って、macrubyをインストールする



$ rvm install macruby


これで、Xcodeからrubyが利用可能になった。



macrubyが利用可能になった