iOSでMacRubyを使う–RubyMotionとは?

2012年5月3日、RubyMotionがリリースされました。

RubyMotionは、Objective-Cに代わる最高の選択肢です。

RubyMotionはMacRubyをベースにしており、iOSでのアプリ開発をターゲットにしています。

MacRubyでは、iOSを開発する事はできませんでした。なぜなら、MacRubyはObjective-CのGarbage Collectorに依存しており、それはiOSでは用いる事ができなかったからです。

新しいランタイムは軽量で効率的でなかればなりませんでした。さらに、コードがiOS上で動くだけではなく、コンパイラーとやり取りできたり、デバッグやパッケージを作成したりするツールが必要でした。

RubyMotionがすばらしい製品であることは、誰も疑わないでしょう。しかし考えるべきなのは、「資金や時間や労力を投じてまで、Appleの言語やツールに取って変えるだけの価値があるのだろうか」ということです。

この記事では、良い点とそうではない点を、できる限りバランスよく紹介して、RubyMotionについての理解を深めてもられればと思います。
続きを読む