【VitrualBox】VT-x is disabled in the BIOS.というエラーの対処法

VitrualBoxのバージョンをアップグレードしたタイミングで、

次のようなエラーが出てしまい、バーチャルマシンを起動できなくなる場合があります。

VT-x is disabled in the BIOS.
(VERR_VMX_MSR_VMXON_DISABLED).

VirtualBoxをアップグレードすると、VT-x is disabled in the BIOSというエラーが出てしまい、起動できない。

VirtualBoxをアップグレードすると、VT-x is disabled in the BIOSというエラーが出てしまい、起動できない。



これは、VitrualBoxの問題というより、コンピューターのCPUが仮想化の機能(VT-x)に対応してないことに原因があります。

ちなみに、VT-xとは、Intelによる仮想化支援技術のことです。

ですので、VitrualBoxがこの機能を使わないように設定してあげましょう。

VirtualBoxの仮想マシンにおいてVT-xを無効化する手順

続きを読む

Dreamweaver8.02をWindows8にインストールする方法

あまりニーズはないと思いますが、Dreamweaver8.02Windows8にインストールする方法をメモしておきます。

Dreamweaver8自体は、Windows8にそのままインストール可能です。

Dreamweaver8.02をWindows8で動かしている様子

Dreamweaver8.02をWindows8で動かしている様子




ただし、アンインストールがうまくできませんので、その際には、Program Filesの中から、該当フォルダを削除する必要があります。


そして、Dreamweaver8は、FTPのパスワードを記憶してくれないという既知のバグを抱えていますので、Dreamweaver8.02というアップデートファイルを当てなければなりません。

しかし、ただアップデートファイルをインストールしようとしても、エラーが出てしまいます。

そのような場合には、まず、Windows7やVistaなどの別のマシンで、Dreamweaver8をインストールし、8.02まで上げておきます

Virtual boxを利用して、仮想Windows7上で行うのもよいでしょう。

Windows7において、Dreamweaver8.02にうまく上がらない場合は、日本語(もしくは適切な言語)のmsiパッチであるかどうかを確認しましょう。


その後、正常に動作しているマシンから、Program Files\Macromedia\Dreamweaver といったフォルダをごっそりコピーして、Windows8内のDreamweaver8のフォルダを上書きすることで、Dreamweaver8.02に上げることが出来ます。

こうして、Dreamweaver8をWindows8にインストールし、パッチも当てた状態にすることが出来ました。

VirtualBoxでプリンタリダイレクトを複数回行うことができるか?

VirtualBox上で動作させているWindowsマシンから、ローカルのプリンタに出力することは可能です。

USB接続しているプリンターであれば、USB2.0(EHCI)コントローラーを有効化した状態で、USBデバイスフィルターに追加します。

USBコントローラーを有効にすれば、VirtualBoxからのプリンタリダイレクトは簡単に可能

VirtualBoxでプリンタリダイレクトを複数回行うことができるか?



そして、USBプリンタデバイスを、VirtualBoxで有効にすれば、完了です。

VirtualBoxでUSB接続を有効にする

VirtualBoxでUSB接続を有効にする




では、VirtualBox上のWindowsマシンから、さらにリモートデスクトップでつないだ先のWindowsマシンから、ローカルプリンタに出力することが可能なのでしょうか?

つまり、プリンタリダイレクトを2回おこなって、ローカルプリンタから印刷することができるのでしょうか。


結論:プリンタリダイレクトは複数回行うことができる


試してみたところ、プリンタのリダイレクトを、複数回にわたってホップさせることが可能でした。

条件としては、ローカルマシン、VirtualBox上のマシン、さらに、リモートデスクトップ上のマシンすべてに対して、プリンタのドライバがインストールされていることが必要です。


ただし、ドライバーのインストールに失敗するケースが多々ありますので、ドライバファイルをインストールする前に、プリンタをUSB接続してしまうことのないように気を付けましょう。

プリンタの認識に失敗してしまった場合は、ドライバをアンインストールしたのちに、再度チャレンジしてみてください。

複数回にわたって、プリンタをリダイレクトさせることは可能です。