Hyper-V上のVMでNICがMedia Disconnectedになる場合の対処法

Hyper-v上のVMで,NICがMedia Disconnectedになってしまい,Disable状態になってしまうことがあります。

Windows Server 2012以降のHyper-Vにおいて,NICチーミングがサポートされるようになっています。その場合,チーミングできるアダプタの上限は2つまでです。

物理的に壊れているなどの問題ではない限り,NICがMedia Disconnectedになってしまう問題の原因は,2つ考えられます。

一つは,Hyper-VでNICチーミングを利用するためには,VMの構成において,アダプタの設定でチーミングを許可しなければなりません。
続きを読む

動的メモリ(Dynamic Memory)を使わずにHyper-VのHot-Addを有効にする方法

動的メモリ(Dynamic Memory)とは、仮想マシンに割り当てるメモリの量を、必要に応じて増減する機能です。

そうすることにより、効率的にメモリを利用することができます。

動的メモリは、Windows Server 2008 R2から導入された機能です。


しかし、動的メモリにもデメリットがあります。

例えば、与えられたメモリをすべて使い切るように設計されているアプリケーションを動かす場合には、すぐにメモリが枯渇してしまうでしょう。


しかし、仮想マシンを停止することなく、メモリを追加できるHot-Add機能は魅力的です。


では、動的メモリ(Dynamic Memory)を使わずにHyper-VのHot-Addを有効にすることが可能なのでしょうか。
続きを読む

クラスター内にある全てのVMを新しいストレージに移動させる方法

Hyper-V2.0時代では、ストレージのマイグレーションを行うことができませんでした。

ですので、OSは共有ストレージ上に配置する必要があり、実行するVMだけしかマイグレーションすることができませんでした。(VMwareでいうvMotion)


しかし、 Windows Server 2012とともに登場したHyper-V 3.0では、

Live Storage Migration(ライブストレージマイグレーション)機能が追加され、

OSを稼働させたまま、データを他のストレージに移動させることができるようになりました。
(VMwareでいうStorage vMotion)


全ての仮想マシンを新しいストレージにマイグレーションする


以下のPowershellコマンドを用いると、クラスター内にあるすべての仮想マシンを、新しいストレージに移行させることができます。
続きを読む

差分ディスクを大量に使用する場合のマスターディスクのオーバーヘッドについて

一つのマスターイメージをもとにして、差分ディスクを大量に作成する場合、マスターイメージには大量のオーバーヘッドが生じてしまうのでしょうか。

差分ディスクとは?


差分ディスクを使うと、親ディスク(Parent VHD)から小ディスク(Child VHD)を複数作成することができます。

それで、親ディスク(Parent VHD)は読み取り専用の状態のまま、小ディスク(Child VHD)には、親ディスクとの差分だけが保存されていきます。

例えば、SYSPREPされたOSイメージを親ディスク(Parent VHD)が持ち、そこから複数の仮想マシンを作成して利用するといった場合です。

それぞれの仮想マシンは、それぞれの差分ディスクを持っています。

全ての変更は差分ディスクに書き込まれますが、大部分を占めるOSのデータは、共有マスターディスクに存在している状態です。
続きを読む