PowerShellでOSのバージョンを確認する方法

PowershellでOSのバージョンを確認したい場合があります。

そのような時,Get-WmiObjectコマンドレットを使用すると,簡単にOSのバージョン番号を確認することができます。

PowerShellで自分のマシンのOSバージョン番号を確認する方法

続きを読む

Windows 2012 R2のRDSクラスターで証明書エラーがでる場合の対処法

Windows 2012 R2環境でRDSクラスターを作成する場合,証明書をインストールしなければ,リモートデスクトップ時に下図のような証明書エラーが出てしまいます。

The certificate is not from a trusted certifying authority.というエラーが出てしまう。

The certificate is not from a trusted certifying authority.というエラーが出てしまう。



そこで,証明書を発行し,下図の方法でServer Managerから証明書をインストールするものの,なぜか証明書エラーが解消しません。

Session Hostサーバーが複数台ある場合,一台だけは問題なく接続できるのに,もう一台に繋がる場合だけ証明書エラーが出るという事もあります。

そのようなときには,何らかの原因により,各Session Hostサーバーに対して,証明書が正しくインストールされていないということが考えられます。

ちなみに,各Session Hostサーバーに手動で証明書をインストールしてみても,問題は継続します。


証明書はWMIの設定に格納されている


実は,この証明書は,WMIのWin32_TSGeneralSettingという値に設定が格納されています。
続きを読む

The settings for this terminal server cannot be retrievedエラーの対処法

Remote Desktop Session Host Configurationを起動させたときに,次のようなエラーが出ることがあります。

The settings for this terminal server cannot be retrieved.

そのような場合には,以下の手順を試してみましょう。


regsvr32コマンドでコンポーネントの再登録


まずは,regsvr32を使って,コンポーネントをシステムに登録しなおしてみることを試してみましょう。

コマンドプロンプトを管理者として実行します。
下記の2つのコマンドを実行します。

CD c:/windows/system32/wbem
for %s IN (*.dll) DO regsvr32 /s %s


WMIリポジトリの再構築


それでも解消しない場合は,WMIリポジトリの再構築を試してみましょう。コマンドプロンプトで,次のコマンドを流してみます。

winmgmt /resetrepository

resetrepositoryコマンドでエラーが出た場合は,もう一度,同じコマンドを流してみましょう。そうすると,成功する場合もあります。