Windows.oldフォルダーを安全に削除する方法

Windows8にアップグレードしたマシンにおいて、CドライブにWindows.oldというフォルダーが出来てしまい、削除できない場合があります。

それは、権限の問題が関係しており,エクスプローラーでは削除できません

そこで、Windows.oldを削除するためには、ディスク クリーンアップを用います。

まず、チャームの検索から,「不要なファイルの削除によるディスク領域の解放」を選びます。

チャームから,「不要なファイルの削除によるディスク領域の解放」を検索する

チャームから,「不要なファイルの削除によるディスク領域の解放」を検索する



現れた画面で、Windows.oldが存在するドライブ(通常はCドライブ)を選択します。

対象ドライブを聞いてくるのでWindows.oldが含まれるCドライブを選ぶ

対象ドライブを聞いてくるのでWindows.oldが含まれるCドライブを選ぶ




その後、「システムファイルのクリーンアップ」を選びます。

「システムファイルのクリーンアップ」を選択する

「システムファイルのクリーンアップ」を選択する



対象ドライブを再び聞いてくる場合にはCを選び,「以前のWindowsのインストール」という項目をチェックして,OKをクリックします。

確認画面が出ますので,「ファイルの削除」をクリックすると,クリーンアップが始まります。

こうして、Windows.oldフォルダーを安全に削除することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。