Acrobat 8 Professional のアップデータを一度に適用する方法

PCをリカバリしたり、Windows7にアップグレードする際、
Acrobat 8 Professionalを再インストールしなければならない状況があります。

そこで、最新版までのアップデートを行わなければなりませんが、
インターネットに直接つながっていないイントラ環境の場合は、手動でアップデータをインストールする必要があります。

ところが、Acrobat8のアップデータは、

【8.0.0】→【8.1.0】→【8.1.2】・・・【8.3.2】

という具合に、合計17個(2012/3/30時点)ものインストールを行う必要があり、それぞれ再起動が求められるので、非常に手間のかかる作業になってしまいます。

そこで、一度でアップデータを適用する方法が下記に記載されています。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/233/233584.html

ちなみに、上記URL内に補足的に記載されている下記の方法を行うと、インストーラーが正常に動きませんので注意が必要です。

1.「6468.mst」ファイルをダウンロードし、上記手順 1. のフォルダに追加します。
2.「setup.ini」ファイルの [Product] セクションで、CmdLine= に以下のように「6468.mst」ファイルを追加します。 

CmdLine=TRANSFORMS="AcroPro.mst;6468.mst" ADDLOCAL=ALL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。