Hyper-V上のVMでNICがMedia Disconnectedになる場合の対処法

Hyper-v上のVMで,NICがMedia Disconnectedになってしまい,Disable状態になってしまうことがあります。

Windows Server 2012以降のHyper-Vにおいて,NICチーミングがサポートされるようになっています。その場合,チーミングできるアダプタの上限は2つまでです。

物理的に壊れているなどの問題ではない限り,NICがMedia Disconnectedになってしまう問題の原因は,2つ考えられます。

一つは,Hyper-VでNICチーミングを利用するためには,VMの構成において,アダプタの設定でチーミングを許可しなければなりません。

アダプタの設定でチーミングを許可する方法


VMの構成画面を開き,NICの設定の,Advanced Featuresを選択します。そして,NIC Teamingの項目にある,Enable this network adapter to be part of a team in the guest operating systemというオプションにチェックを入れます。

もう一つの方法としては,PowerShellを用いて,以下のようなコマンドを流します。

Set-VMNetworkAdapter -VMName [VM Name] -AllowTeaming On

これで,NICチーミングが有効になったかどうか,確認してみましょう。


他に考えられる原因


もし上記の方法で解決しなかった場合,他に考えられることとしては,2つの仮想ネットワークアダプタが,同じ外部ネットワークスイッチに接続されていないかどうか,ということです。
これは,Hyper-Vの構成で,許可されていません。

チーミングされている仮想NICは,異なる外部スイッチに接続されていなければなりません。もし同じスイッチに接続されているとすれば,単一障害点になってしまい,チーミングの意味が無くなってしまうからです。


Hyper-VのVMにおけるNICチーミングで問題が生じている場合には,上記の点を確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。