サーバーのメモリチェックを簡単に行う方法

サーバー機器などでハイアベイラビリティ(故障率の低さ)をうたっていても、メモリの不具合がボトルネックになってしまう場合があります。

ですので、サーバーのメモリを増設したり交換した際には、メモリに初期不良が生じていないか、メモリチェックを行うのは必須です。

そこで非常に簡単かつ有能なメモリチェックツールをご紹介いたします。

その名は、Memtest86+です。

下記のURLからダウンロードできます。

http://www.memtest.org/

Download (Pre-built & ISOs)という項目から、最新のバージョンのISOファイルをダウンロードします。

そして、ダウンロードしたISOファイルを、CD-Rに焼きます。
(DVD-Rでもよいのですが、小さいISOファイルなので)

焼いたCD-Rをサーバーに挿入し、起動させると、自動的にメモリチェックツールが立ち上がり、メモリチェックが始まります。

サーバーのメモリチェックを簡単に行う方法

ECCメモリにも対応しています。

ちなみに、すべてのメモリチェックを完了するのに、数時間はかかりますので、気長に待ちましょう。
また、メモリチェック中は、CD-Rを取り出さないようにしましょう。

メモリチェックが1周終わると、自動的に2周目のメモリチェックが始まります。

何周もまわす必要性を主張する方もおられますが、個人的には1周でよいと思います。

こうして、サーバーのメモリ増設や交換に際して、メモリチェックを行う事ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。