skiprearmを使って何度もsysprepをかける方法

sysprepは通常、3回までしかかけることができません。

ところが、skiprearmを用いた応答ファイルを使ってsysprepをかけると、回数制限にかかることなく、幾度もsysprepをかけることができます。

その手順は次の通りです。

まず下記のXMLをテキストファイルにコピーして、Unattend.xmlというファイル名で保存します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
    <settings pass="generalize">
        <component name="Microsoft-Windows-Security-SPP" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <SkipRearm>1</SkipRearm>
        </component>
    </settings>
</unattend>


Unattend.xmlファイルを、適当な場所に(今回はCドライブ直下に)配置します。


そして、コマンドプロンプトからsysprepを下記のようにして実行すると、応答ファイルであるUnattend.xmlを読み込ませながらsysprepを実行することができます。

cd c:¥windows¥system32¥sysprep
sysprep /generalize /oobe /shutdown /unattend:c¥:Unattend.xml


こうして、skiprearmを使って、Windowsの猶予期限リセット可能回数を減らすことなく、sysprepをかけることができました。

ちなみに、すでにWindowsの猶予期限リセット可能回数が0の場合は、致命的なエラーが出てしまい、sysprepを実行することはできませんでした。

skiprearmを使って何度もsysprepをかける方法” への1件のコメント

  1. ピンバック: sysprepの回数制限を回避する方法 | MacRuby

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。