Vmware上のWindowsServer2008R2でマウスカーソルが遅い場合の対処法

VMwareでWindowsServer2008R2をセットアップした後、画面上のマウスカーソルの動きが遅い場合があります。

通常は、VMware Toolsをインストールすれば改善するのですが、それでも治らない場合があります。


そのような場合には、グラフィックドライバーをインストールすることでマウスカーソルの遅さを解消できます。

手順は下記の通りです。



デバイスマネージャーを開きます。

ディスプレイアダプター】から【標準 VGA グラフィックアダプター】を右クリックし、【ドライバーソフトウェアの更新】をクリックします。


コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します】をクリックします。

コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します


C:¥Program Files¥Common Files¥VMware¥Drivers¥wddm_video を選択します。

wddm_videoを選択してインストールすることでマウスカーソルが早くなります


ウィザードにしたがい、ドライバーをインストールします。

再起動すると、マウスカーソルの動きが速くなっているはずです。


こうして、VMware上に作成したWindowsServer2008R2において、グラフィックドライバーをインストールすることにより、マウスカーソルの動きが遅い問題を解消することができました。

VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション
VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。