sysprepを実行できる残り回数を確認する方法

コンピューターのsysprepを実行中に致命的なエラーが発生しました。」という文言が出た場合に、まずはsysperpの上限回数に達していないか、確認してみる必要があります。

そこで、コマンドプロンプトから下記のコマンドを入力します。

slmgr -dlv

すると、下図のような画面が現れ、その中に書かれている、【残りのWindows猶予期限リセット可能回数】という項目が0になっていないか確認してみる必要があります。

sysprepの回数制限を確認する

Windowsのクライアント展開作業のためにマスターイメージを作成していると、sysperpを複数回行なってしまい、sysprepの残り回数が0になっていることがあります。

ちなみに、sysprepは3回まで行うことができます。4回以上行うと、sysprep実行時に致命的なエラーが発生してしまいます。

OEM版のメディアの場合は、既にベンダーでsysprepが行われている為なのか、3回より回数が少なくなっている場合もありますので、要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。