超簡単!Windows7の起動を20%早くする方法

たった一つのチェックボックスをオンにするだけで、

Windows7の起動が20%ほど高速化しましたので、その方法をご紹介します。

ちなみに、通常時の起動にかかった秒数を計測してみました。

Windows7の再起動を5回繰り返した平均値が、20.4秒でした。

それが、以下の方法を実践したところ、起動時間が15.9秒にまで短縮されました。


1.msconfigを立ち上げる


まず、「ファイル名を指定して実行」から、msconfigと入力し、「システム構成」を立ち上げます。

Windows7の起動を20パーセント高速化する_msconfig



2.「GUIブートなし」にチェックを入れる


下図のように、「GUIブートなし」にチェックを入れます。

Windows7の起動を20パーセント高速化する_システム構成


設定はたったこれだけです。

これで、ブート画面において、下図のような画面が表示されなくなる代わりに、ログイン画面までの起動が、20%ほど高速化しました。

Windows7の起動を20パーセント高速化する_ブート画面を省略



たった一つのチェックを入れるだけですので、ぜひWindows7をさらに高速に起動したい方は、実践してみてください。

こうして、Windows7において、ログイン画面までの起動を20%ほど高速化することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。