[Word]実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。

Word2010をインストールして使用する際、Word2010の終了時に下記のエラーメッセージが表示される場合があります。

実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。ただし、ユーザーまたは管理者がこのアプリケーションをインストールしたときに、マクロまたはコントロールのサポートはインストールしないように設定されています。

実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。


ここで、Word2010のマクロのセキュリティ設定や、保護されたビューに関する調整を行うよう促されるのですが、結局問題は解消しません



OK】をクリックすると、下記のメッセージも毎回表示されます。

全文書対象のNormalテンプレートに影響する変更が行われています。変更を保存しますか?

全文書対象のNormalテンプレートに影響する変更が行われています。変更を保存しますか?


キャンセル】をクリックすると、Word2010は一応終了できます。



そこで、上記のエラーを表示させないようにするには、下記の手順に従う必要があります。

まず、【プログラムのアンインストールまたは変更】から、【Microsoft Office Professional Plus 2010】を選択し、【変更】をクリックします。

Microsoft Office Professional Plus 2010を変更する



機能の追加/削除】を選択します。

機能の追加/削除



Office共有機能】から【Visual Basic for Applications】を選択し、【マイコンピューターから実行】を選び、【続行】します。

Visual Basic for Applications



ウィザードにしたがってインストールを完了させます。



次回から、Word2010を利用する際には、エラーは表示されなくなるはずです。

こうして、Word2010において、「実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。」「全文書対象のNormalテンプレートに影響する変更が行われています。」というエラーを解消することができました。

[Word]実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。” への6件のコメント

  1. 同一の症状が出て困っていたところ、このページを発見し解決することができました。ありがとうございます。

  2. 私もそうだったんですが会社で出ている人がいるので教えてあげます非常に助かりましたありがとうございます

    • コメントありがとうございます!
      引き続き、お役に立てる情報を提供できるよう努力してまいります。

  3. Windows 10環境にWord2007をインストールしたら同じ症状が出てこちらにたどり着き、実行してみたところ改善されました。
    とても助かる情報を提供していただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。