XPModeが立ち上がらない場合の対処法

XPModeを立ち上げようとする際に、下記のエラーが出る場合があります。

ホストプロセッサーの種類が一致していないか、システム内にハードウェア支援による仮想化機能がないため、'WindowsXP'を復元できませんでした。

このような時には、XPModeのマシンが休止状態になっていることが原因の可能性があります。

ですので、

C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows Virtual PC¥仮想マシン¥XPMode.vsv

といった場所にある.vsvファイルを削除することで、XPModeを再び立ち上げられる可能性があります。


XPModeを休止状態にしてから、様々な要因によって実行環境が変わってしまい、再びXPModeを復元することができなかった場合に、上記のエラーが表示されるようです。


ちなみに、.vsvファイルは、仮想マシンのメモリ情報などを保存しておくファイルです。


こうして、XPModeを立ち上げることができない問題を解決することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。