WordPressのタグクラウドに表示させる個数を変更する方法

Wordpressのタグクラウドに表示させるタグの個数を変更したい場合があるかも知れません。

デフォルトではWordpressのタグクラウドに表示される個数は、45個に設定されています。

これを編集します。

1.wp-includes/category-template.php を編集する


Wordpressのタグクラウドに表示させるタグの個数を指定しているのは、wp-includes内のcategory-template.phpを編集します。

その中にある、function wp_tag_cloudという項目で、パラメーターを指定することができます。


2.パラメーターの値を編集する


タグクラウドに表示させるタグの個数は、numberというパラメーターで指定しています。デフォルトでは45に設定されていますので、表示させたい個数に変更します。

その他のパラメーターの値の意味は、下記の通りです。

パラメーター
smallest 最小タグの表示フォントサイズ。
largest 最大タグの表示フォントサイズ。
unit smallest/largest の値の単位。pt, px, em, % 等。初期値はpt。
number クラウドに表示するタグ数。初期値は 45。0を指定すると全てを表示。
format クラウド表示のフォーマット。
flat – タグをホワイトスペースで区切る
list – タグを class=’wp-tag-cloud’ 付きの ul(番号なし箇条書き)内に表示
array – タグを配列に格納し、タグクラウドデータを PHP で扱えるように配列のまま返す。
orderby ソートに用いる項目。
name – タグ名
count – 使用数
order ソート順。
ASC – 昇順
DESC – 降順
RAND – ランダム
exclude 除外するタグの term_id をカンマ区切りで指定。
include 表示対象とするタグの term_id をカンマ区切りで指定。
link 特定のタグを編集できるようリンクを設定 。
view
edit
taxonomy クラウドの生成に使われるタクソノミー。
post_tag – クラウドのソースとして投稿タグを使う
category – クラウドのソースとして投稿カテゴリーを使う
link_category – クラウドのソースとしてリンクカテゴリーを使う
echo 結果を出力するか、変数として保存するかを決定する。
1 (true)
0 (false)


こうして、Wordpressのタグクラウドに表示させる個数を変更することができました。

WordPressのタグクラウドに表示させる個数を変更する方法” への1件のコメント

  1. ピンバック: Wordpressのタグクラウドに表示させる個数を変更する方法 | MacRuby : ちゅどん道中記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。