NICのネットワークカテゴリをPrivate networkに変更する方法

複数のNICを持っているVMにおいて,SANトラフィックなどに使うNICをPrivate networkに設定したいことがあると思います


しかし,デフォルトでは,Public networkになっています。

そこで,下記のコマンドをPowershellで流すと,Public networkになっているすべてのNICをPrivate networkに変更することができます。

すべてのNICをPrivate networkに変更するPowershell


Powershellを管理者権限で立ち上げて,下記のコマンドをペーストします。
続きを読む

「group policy clientをお待ちください」が長い場合の対処法

group policy clientをお待ちください」が長く,スタックしているように思える場合があります。

場合によっては,一晩放置しても,状況が改善しないこともあります。

しかし,SMBでのファイルアクセスは問題なく機能していたりすると,サーバーを再起動する気にもなれません。

「group policy clientをお待ちください」が長く表示される

「group policy clientをお待ちください」が長く表示される





そのような時には,以下の項目を確認してみましょう。
続きを読む

DHCPのReservation Nameが変わってしまう場合の対処法

Microsoft環境において,DHCPで配られるIPアドレスを固定したい場合,IPアドレスのReservationを登録しておきます。

その際,下記の項目を登録することになると思います。

Reservation name
IP address
MAC address
Description
Supported types (Both/DHCP/BOOTP)

DHCPでIP Reservationするさいに必要な項目

DHCPでIP Reservationするさいに必要な項目




しかし,クライアントやデバイスが,実際にDHCPサーバーからIPアドレスを振ってもらった後,登録したReservation nameが変わっている場合があります。
続きを読む

The media is write protectedというエラーの対処法

WindowsマシンにHDDを追加し,Computer ManagementからDisk Managementを開き,HDDをフォーマットしようとするも,

The media is write protected

というエラーが出て,HDDをフォーマットできない場合があります。

the media is write protected

the media is write protected




そのようなときには,HDDがRead Onlyになっている可能性がありますので,チェックしてみましょう。


1.Diskpartで問題のDiskを選択する


コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げ,Diskpartと入力します。

続いて,list diskを叩き,該当する問題のHDDのDisk番号を特定します。

もし,Disk 1がフォーマットできない問題のドライブだった場合,select disk 1と入力します。

diskpartから,lsit disk / select diskで該当のディスクを選択する

diskpartから,lsit disk / select diskで該当のディスクを選択する




2.HDDがRead Onlyになっているかどうか確認する


次に,attributes diskと入力します。

そして,Current Read-only Stateという項目を確認し,Yesになっているなら,attributes disk clear readonlyと入力します。

再び,attributes diskで,Current Read-only StateがNoになったことを確認します。

attributes disk clear readonlyコマンドで,Read-only状態を解除する

attributes disk clear readonlyコマンドで,Read-only状態を解除する




3.Disk Managementを立ち上げなおす


一度,Computer Managementを終了し,再び立ち上げます。そして,Disk Managementを確認すると,今度はフォーマットが可能になっています。


以上,The media is write protectedというエラーによって,ディスクがフォーマットできない場合の対処法でした。

ご質問がある場合には,コメント欄にお寄せください。