SCCMのクライアントがインストールできない場合の対処法

なぜか特定の端末だけSCCMのクライアントがインストールできない場合があります。

そのようなときには、専用のツールを使ってログを確認しましょう。

SCCMのクライアントをインストールできない場合に最適なツール


SCCMのクライアントをインストールできない場合には、ログを確認するために用意されている、CMTrace.exeという専用のツールを利用しましょう。


CMTrace.exeの入手方法は下記の通りです。

Download link to ConfigMgr 2012 SP1 Toolkit 
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36213

すると、CMTrace.exeというアプリケーションが、C:\Program Files (x86)\Configmgr 2012 Toolkit SP1\ClientToolsの中に入っています。


そのCMTrace.exeを、SCCMクライアントがインストールできないマシンにコピーしてから実行し、下記の場所に保存されているログを確認しましょう。

C:\Windows\ccmsetup\Logs\ccmsetup.log

すると、SCCMのクライアントがなぜインストールに失敗したのか、エラー内容を確認することが出来ます。

そこで表示されているエラー内容を調査することで、SCCMのクライアントインストールが失敗した原因を特定することができます。