ユーザーのmsExchMailboxGuidが変わってしまった場合の対処法

msExchMailboxGuidが変わってしまった場合,

次にOutlookを立ち上げた際,メールボックスを見つけることができず,新規メールボックスを作成してしまいます。

以下のようなコマンドを流すと,メールサーバー内にあるすべてのメールボックスが一覧で表示されます。

Get-MailboxStatistics -Server MAILSERVER01 | Select displayname, MailboxGUID, Mailbox, DatabaseName, ItemCount, TotalItemSize, LastLoggedOnUserAccount, DisconnectReason >result.csv

しかし,どちらのメールボックスも,Disconnectされたというステータスにはならないので,DisconnectReasonのフラグは空になったままです。

Disconnectされたというステータスにならないと,New-MailboxRestoreRequestのコマンドを叩くことができません。



そのような場合,下記のコマンドで,切断状態になっていない切断済みメールボックスをスキャンすることができます。

Clean-MailboxDatabase MBD01

実際にメールボックスを切断するには、Disable-Mailbox というコマンドを使用します。メールボックスを切断して Active Directory からユーザー オブジェクトを削除するには、Remove-Mailbox というコマンドを使用します。