The media is write protectedというエラーの対処法

WindowsマシンにHDDを追加し,Computer ManagementからDisk Managementを開き,HDDをフォーマットしようとするも,

The media is write protected

というエラーが出て,HDDをフォーマットできない場合があります。

the media is write protected

the media is write protected




そのようなときには,HDDがRead Onlyになっている可能性がありますので,チェックしてみましょう。


1.Diskpartで問題のDiskを選択する


コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げ,Diskpartと入力します。

続いて,list diskを叩き,該当する問題のHDDのDisk番号を特定します。

もし,Disk 1がフォーマットできない問題のドライブだった場合,select disk 1と入力します。

diskpartから,lsit disk / select diskで該当のディスクを選択する

diskpartから,lsit disk / select diskで該当のディスクを選択する




2.HDDがRead Onlyになっているかどうか確認する


次に,attributes diskと入力します。

そして,Current Read-only Stateという項目を確認し,Yesになっているなら,attributes disk clear readonlyと入力します。

再び,attributes diskで,Current Read-only StateがNoになったことを確認します。

attributes disk clear readonlyコマンドで,Read-only状態を解除する

attributes disk clear readonlyコマンドで,Read-only状態を解除する




3.Disk Managementを立ち上げなおす


一度,Computer Managementを終了し,再び立ち上げます。そして,Disk Managementを確認すると,今度はフォーマットが可能になっています。


以上,The media is write protectedというエラーによって,ディスクがフォーマットできない場合の対処法でした。

ご質問がある場合には,コメント欄にお寄せください。