dcdiagでKnowsOfRoleHoldersのエラーが出る場合の対処法

ドメインコントローラーの状態をチェックするのに有効なdcdiagコマンドですが、KnowsOfRoleHoldersに関係した以下のようなエラーが出る場合があります。

KnowsOfRoleHolders
DsBindWithSpnEx() failed with error 1722,
The RPC server is unavailable..
Warning: Servername is the Schema Owner, but is not responding to DS RPC Bind.


これは、Schema Ownerとして認識されているサーバーとの間で、正常な接続性が保たれなかった場合に生じます。

その他、5つの操作マスターの役割を持っているドメインコントローラとの間で、正常に接続できなかった場合にも、同様のエラーが生じることがあります。

特に、Domain Controller間に距離があり、インターネット回線が不安定な場合にも生じやすいエラーだと思います。



1.インターネット回線が不安定な場所に設置されている場合

続きを読む

PTRレコードって何?DNSで逆引きの際に使う情報。

DNSまわりの仕事をしていると、PTRレコードという言葉が出てきます。

では、PTRレコードとは簡単に言うと何でしょうか?

PTRレコードとは?


PRTレコードとは、主に逆引きで用いられるレコードです。

簡単に言うと、IPアドレスをホスト名に変換するための対応表です。


PTRとは何の略?


PTRレコードのPTRとは、Pointer Recordの略です。


PTRレコードの例


aaa.bbb.ccc.ddd.in-addr.arpa. 86400 IN  PTR  ns.hoge.co.jp.


つまりは、PTRレコードとは、IPアドレスからホスト名を割り出す(逆引き)際に用いるレコードのことでした。

【ドメイン参加】The network location cannot be reached. For information about network troubleshooting, see Windows Help.

WindowsXPで、マシンをドメインに参加させようとする際、

The network location cannot be reached. For information about network troubleshooting, see Windows Help.

というエラーがでて、ドメインに参加できない場合があります。


このような場合には、2通りの解決策があります。


最も簡単な方法は、ドメイン名を指定する際、DNS名ではなくNetBIOS名を用いると、問題なくドメイン参加できる場合があります。

NetBIOS名でドメイン参加させる


もう一つの方法は、下記のサービスを開始することによって、DNS名でもドメイン参加できるようになる場合があります。

TCP/IP NetBIOS Helper

TCP/IP NetBIOS Helperを開始することでドメイン参加できるようになる



こうして、XPマシンにおいて、ドメイン参加させることができました。