dcdiagでKnowsOfRoleHoldersのエラーが出る場合の対処法

ドメインコントローラーの状態をチェックするのに有効なdcdiagコマンドですが、KnowsOfRoleHoldersに関係した以下のようなエラーが出る場合があります。

KnowsOfRoleHolders
DsBindWithSpnEx() failed with error 1722,
The RPC server is unavailable..
Warning: Servername is the Schema Owner, but is not responding to DS RPC Bind.

これは、Schema Ownerとして認識されているサーバーとの間で、正常な接続性が保たれなかった場合に生じます。

その他、5つの操作マスターの役割を持っているドメインコントローラとの間で、正常に接続できなかった場合にも、同様のエラーが生じることがあります。

特に、Domain Controller間に距離があり、インターネット回線が不安定な場合にも生じやすいエラーだと思います。

1.インターネット回線が不安定な場所に設置されている場合


インターネット回線の不安定さが問題であれば、時間が解決してくれる場合があります。

一日待って、再びdcdiagコマンドを試してみましょう。

案外、これで解決する場合が多いです。

2.RPCサービスに不具合が生じている場合

RPCサービスが正常に機能しているかどうかを確認しましょう。

・DNSやNetBIOS名を解決できない場合、以下のコマンドで正常性を確認しましょう。

dcdiag /test:dns /V /S:(DC名)

・RPCサービスが動いているか確認しましょう。

Services.mscから、RPCサービスがRunningになっているかどうか確認しましょう。

・RPCに必要なポートが空いているかどうか確認しましょう。

1024以上のポートがブロックされていないかどうか確認します。RPCエンドポイントマッパーは、135を使います。そして、1024-65535の間のポートをランダムに利用します。

以上、dcdiagでKnowsOfRoleHoldersのエラーが出る場合の確認できるポイントでした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

Domain Controller
MacRuby

コメント