[Linux][CentOS]Kdumpとは?

CentOSをインストールする際、「Kdumpを有効にしますか?」という項目が現れます。

Kdumpを有効にしますか?



Kdumpとは、システムがクラッシュした時、原因を特定するためのdumpファイルを保存してくれるサービスです。


通常は、システムがクラッシュしてしまったら、その原因を特定することは難しいのですが、Kdumpを入れておくと、メモリに常駐しているKdumpが、クラッシュカーネルに処理を渡して、ダンプを取得してくれます。




ちなみに、CentOS6のインストールウィザードで、Kdumpを有効にしなかったとしても、後からKdumpを有効にすることは可能です。


Kdumpを有効にする方法は、


システム】>【管理】>【カーネルクラッシュダンプ】を開き、Kdumpを有効にする設定を行うことができます。

Kdumpを有効にする設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。