サーバー起動時にHDDエラーでF2を押すよう促される場合の対処法


サーバー起動時の画面で,HDDにエラーが生じた旨のメッセージが表示され,ボリュームが正しく認識されていない状態で起動してしまうことがあります。

そして,エラーメッセージとしては,Logical drive(s) disabled due to possible data loss. などとなっており,データロスの危険性があるために論理ドライブを無効化した,といことが読み取れます。

Logical drives disabled due to possible data loss

Logical drives disabled due to possible data loss


Broadcom NetXtreme Ethernet Boot Agent
Copyright (C) 2000-2015 Broadcom Corporation
All rights reserved.
Press Ctrl+S to enter Configuration Menu
Slot 0 HP Smart Array P420i Controller
1779-Slot 0 Drive Array - Replacement drive(s) detected OR previously failed drive(s) now appear to be operational:
Port 2I: Box 2: Bays 1,2,3,4,5
Logical drive(s) disabled due to possible data loss.
Select "F1" to continue with logical drive(s) disabled
Select "F2" to accept data loss and to re-enable logical drive(s)
(RESUME = "F1" OR "F2" KEY)

ここで提示されている選択肢は,以下の通りです。
続きを読む

ZabbixでCPU等のデータが取得できなくなった場合の対処法

Zabbixで監視をしているサーバーにおいて,ある時から突然,CPUやメモリの使用率などの情報が取れなくなってしまうことがあります。

ストレージの健全性など,取得で来ているデータもあるため,再起動などのタイミングでそのうち解消するだろうと思って放置していても,一向に解消する気配がありません。

Zabbixでサーバーのパフォーマンス情報が取れなくなってしまう時には,どのような原因が考えられるのでしょうか。そしてどのような対処策があるでしょうか。

続きを読む

Resize-Partitionで”Size Not Supported”エラーが出るときの対処法

VHDファイルをPowershellで拡張したい場合があると思います。例えば,RDSのクラスター環境でUPDを使用している場合などです。

その際,Hyper-V Roleがインストールされたサーバーから,以下のようなコマンドでUPDを拡張することが可能です。

Set-Service -Name defragsvc -StartupType Manual

$UserName = "AD User Account Name"
$VHDXFile = "\\ServerName\PathToUPD\UVHD-$((Get-ADUser $UserName).SID).vhdx"
$DiskExtend = 50GB

Resize-VHD -Path $VHDXFile -SizeBytes $DiskExtend

$DiskMount = Mount-VHD -Path $VHDXFile -NoDriveLetter -PassThru | Get-Disk | Get-Partition
$PartSize = $DiskMount | Get-PartitionSupportedSize
$DiskMount | Resize-Partition -Size ($PartSize.SizeMax)

Dismount-VHD -Path $VHDXFile


しかし,場合によっては,以下のようなエラーが出てしまうかもしれません。
Resize-Partition : Size Not Supported
At C:\Users\username\Desktop\filename.ps1:9 char:14
+ $DiskMount | Resize-Partition -Size ($PartSize.SizeMax)
+              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : NotSpecified: (StorageWMI:ROOT/Microsoft/.../MSFT_Partition) [Resize-Partition], CimException
    + FullyQualifiedErrorId : StorageWMI 4097,Resize-Partition

このような場合,原因として何が考えられるでしょうか。
続きを読む

エラー”DPM could not enumerate sql server instances using windows management instrumentation”の対処法

DPMのコンソールにおいて,以下のようなエラーが出て,ジョブが失敗してしまうことがあります。

何やら,SQLサーバーに対してジョブがWMIを使って通信できなかったような感じのメッセージです。

DPM could not enumerate SQL Server instances using Windows Management Instrumentation on the protected computer [sqlservername].

このような場合に考えられる原因は何でしょうか。

続きを読む

Get-PartitionSupportedSizeでUnspecified Errorが出てしまう場合の対処法

VHDXのボリュームを拡張する際に,PowerShellのコマンドから行いたい場合があります。

VHDXのリサイズまでは問題なく通るのですが,パーティションサイズをMaxまで拡張する段階で,Get-PartitionSupportedSizeのコマンドがUnspecified Errorを吐いてしまいます。

例えば,以下のようなコマンドを流すと,

$DiskMount = Mount-VHD -Path $VHDXFile -NoDriveLetter -PassThru | Get-Disk | Get-Partition
$PartitionSize = $DiskMount | Get-PartitionSupportedSize
次のようなエラーが返ってきます。
Get-PartitionSupportedSize : Unspecified Error
Extended information: The service cannot be started, either because it is disabled or because it has no enabled devices associated with it.
At C:\Users\username\Desktop\UPD_expansion.ps1:8 char:26
+ $PartitionSize = $DiskMount | Get-PartitionSupportedSize
+                          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : NotSpecified: (StorageWMI:ROOT/Microsoft/.../MSFT_Partition) [Get-PartitionSupportedSize], CimException
    + FullyQualifiedErrorId : StorageWMI 2,Get-PartitionSupportedSize

この場合,エラーの原因には何が考えられるでしょうか。

続きを読む

Veeamの”Unable to establish authenticated client-server connection”エラーの対処法

VeeamでBackup and Replicationを比較的大きく運用している場合ですが,以下のようなエラーがでて,バックアップがことごとく失敗してしまうということがあります。

Unable to establish authenticated client-server connection. Unable to read data from the transport connection: An existing connection was forcibly closed by the remote host. An existing connection was forcibly closed by the remote host

Unable to establish authenticated client-server connection

Unable to establish authenticated client-server connection



「なんで2回もおんなじこと言うかな」という感じではありますが,それぐらいVeeam Agentは訴えたいことがあるようです。

このような場合,ジョブを再起動しても問題は解消しないかもしれません。
では,どのようにして対処すればよいでしょうか。

続きを読む

DPMで”Replica is inconsistent”というエラーが出る場合の対処法

DPMを運用していると,時おり以下のようなエラーに遭遇することがあります。

Replica is inconsistent

Computer\System Protectionを保護している場合によく生じるエラーですが,どのような対処法があるのでしょうか。

続きを読む

dcpromoで”verification of outbound replication failed”エラーが出る場合の対処法

Install-ADDSDomainControllerなどのコマンドを使ってドメインコントローラーを昇格させている最中に,以下のようなエラーが出る場合があります。

Verification of outbound replication failed. Unable to locate replication source domain controller "domain controller name". Domain controller "domain controller name" does not exist or cannot be contacted.

ソースとなるドメインコントローラーへのPingは飛ぶので,基本的なネットワークはつながっているように思えるのですが,何度試しても失敗してしまいます。

このような時,原因には何が考えられるのでしょうか。

続きを読む

【保存版】ITモニタリング(統合監視)おすすめ入門書籍3選

社内のIT機器や提供しているサービスを監視することは,どの組織でも必須でしょう。しかし,何をどのように監視するかに関する最適解を見つけることは簡単ではありません。

とりあえず,Zabbixなど有名なサービスを導入して,アラートをメールで知らせるということを行っている組織もあるでしょう。

しかし,それですべての障害に首尾よく対処できていると満足している組織はそう多くないのではないでしょうか。

もし現状のモニタリングに満足できていないとしたら,もしかすると,モニタリングとは何をすべきなのかを体系的に学んでいないことからくる認識のずれなのかもしれません。

それで,これからIT機器やサービスのモニタリングを行おうと思っておられる方や,その方法を改善したいと思っておられる方にとって,おすすめの書籍を3冊ご紹介したいと思います。

どれも良書ですので,モニタリングを組織的に行っていくのであれば,ぜひ読んでおきたい書籍です。
続きを読む

エラー「curl: (1) Protocol “‘https” not supported or disabled in libcurl」の対処法

json形式のデータをPOSTしたい場合などに,curlコマンドを使ってテストすることがあります。

それで,curlをWindowsにインストールして,コマンドプロンプトから実行してみるものの,以下のようなエラーが出る場合があります。

curl: (1) Protocol "'https" not supported or disabled in libcurl

そのような場合には,まず以下のポイントを確認してみましょう。
続きを読む