Mac Lion ServerのWikiがIE9から閲覧できない場合の対処法

Mac Lion ServerWikiのサービスを有効にした際に、IE9から閲覧しようとすると、以下のようなエラーが出てしまうことがあります。

未サポートのブラウザ
お使いのブラウザはサポートされていません。
Lion Server 上で Wiki サーバを使用するには、Safari、Chrome、Firefox、または Internet Explorer の最新バージョンが必要です。または、このページに iPod Touch、iPhone、または iPad からアクセスしてください。

Unsupported Browser
Your browser is not supported.The latest version of Safari, Chrome, Firefox or Internet Explorer is required to use Wiki Server on Mac OS X Lion Server. Alternatively, visit this page from an iPod Touch, iPhone or iPad.


このような場合にはまず、IE9のツールメニューから、互換表示設定を選択します。

そして、「イントラネットサイトを互換表示で表示する」をアンチェックしてみてください。

これで、Mac Lion ServerのWikiページを、IE9から閲覧することが出来るようになるかもしれません。


バード電子 マックスタンド MAC-ST
バード電子 マックスタンド MAC-ST

【許さん】WordPressのコメントスパムを通報する方法

最近、WordPressのコメントスパムがひどくて、かなり怒っています。

もちろん、コメントスパム対策のAkismetがすべてブロックしてくれるのは良いのですが、
スパムとしてマークされたコメントを削除するのがかなり面倒です。

毎日100件近くのコメントスパムがWordpressに送られてくるようになりました。
続きを読む

SCCMのクライアントがインストールできない場合の対処法

なぜか特定の端末だけSCCMのクライアントがインストールできない場合があります。

そのようなときには、専用のツールを使ってログを確認しましょう。

SCCMのクライアントをインストールできない場合に最適なツール


SCCMのクライアントをインストールできない場合には、ログを確認するために用意されている、CMTrace.exeという専用のツールを利用しましょう。


CMTrace.exeの入手方法は下記の通りです。

Download link to ConfigMgr 2012 SP1 Toolkit 
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36213

すると、CMTrace.exeというアプリケーションが、C:\Program Files (x86)\Configmgr 2012 Toolkit SP1\ClientToolsの中に入っています。


そのCMTrace.exeを、SCCMクライアントがインストールできないマシンにコピーしてから実行し、下記の場所に保存されているログを確認しましょう。

C:\Windows\ccmsetup\Logs\ccmsetup.log

すると、SCCMのクライアントがなぜインストールに失敗したのか、エラー内容を確認することが出来ます。

そこで表示されているエラー内容を調査することで、SCCMのクライアントインストールが失敗した原因を特定することができます。