SQL Serverで上位200行以上を編集したい場合の方法

Microsoft SQL Serverを利用している場合,SQL Server Management Studio(SSMS)はGUIでデータベースを直感的に運用できるため,データベースを操作するコマンドを熟知していなかったとしても,比較的容易に触ることが可能です。

ちょっとしたトラブルシューティングだったり,単にデータベースの構造を把握したいというだけであれば,初心者でもSSMSを操作することができます。

GUIの操作でレコードを編集できるのが便利

特に利用していて気持ちが良いのは,GUIでレコードを編集することができる機能です。

テーブル名を右クリックすると,「Edit Top 200 Rows」という項目が出てきます。日本語版では「上位200行の編集」というメニューです。

右クリックすると「上位200行の編集」という項目が表れる

右クリックすると「上位200行の編集」という項目が表れる

通常,データベースのレコードを編集するためには,正しいSQLコマンドを記述し,十分に問題ないことを確かめてから行わなければ大変危険です。

しかし,正しいSQLの構文を調べたりすることには時間がかかるものです。

その点,「上位200行の編集」というGUIの操作であればミスして全レコードを編集してしまったり,誤って削除してしまうことはありません。

上位200行以上を編集したい場合には?

しかし,この機能では,データーベースのレコードが200行以上ある場合に問題となります。

上位200行しか出てきませんので,200行以上あるテーブルの場合には不十分なのです。

では,この上位200行という値を編集することは可能でしょうか。

以下の方法で編集することが可能です。

上位XXX行の値を編集する方法

まずは,SSMSのメニューバーにある,「Tools」から「Options」を開きます。

そして,左側のペインで「SQL Server Object Explorer」を選択すると,上位何件を編集するかを決めるパラメーターが見つかりますので,必要に応じて大きな数字を入れましょう。

「SQL Server Object Explorer」を選択する

「SQL Server Object Explorer」を選択する

これで,テーブルを右クリックしたときに表れる,「上位200行の編集」という数字が,指定した行数に変わっていることを確認できます。

以上,SQL Serverで上位200行以上を編集したい場合の方法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

SQL Server
MacRuby

コメント