スポンサーリンク

SQL Serverで上位200行以上を編集したい場合の方法

スポンサーリンク

Microsoft SQL Serverを利用している場合,SQL Server Management Studio(SSMS)はGUIでデータベースを直感的に運用できるため,データベースを操作するコマンドを熟知していなかったとしても,比較的容易に触ることが可能です。

ちょっとしたトラブルシューティングだったり,単にデータベースの構造を把握したいというだけであれば,初心者でもSSMSを操作することができます。

スポンサーリンク

GUIの操作でレコードを編集できるのが便利

特に利用していて気持ちが良いのは,GUIでレコードを編集することができる機能です。

テーブル名を右クリックすると,「Edit Top 200 Rows」という項目が出てきます。日本語版では「上位200行の編集」というメニューです。

右クリックすると「上位200行の編集」という項目が表れる

右クリックすると「上位200行の編集」という項目が表れる

通常,データベースのレコードを編集するためには,正しいSQLコマンドを記述し,十分に問題ないことを確かめてから行わなければ大変危険です。

しかし,正しいSQLの構文を調べたりすることには時間がかかるものです。

その点,「上位200行の編集」というGUIの操作であればミスして全レコードを編集してしまったり,誤って削除してしまうことはありません。

上位200行以上を編集したい場合には?

しかし,この機能では,データーベースのレコードが200行以上ある場合に問題となります。

上位200行しか出てきませんので,200行以上あるテーブルの場合には不十分なのです。

では,この上位200行という値を編集することは可能でしょうか。

以下の方法で編集することが可能です。

上位XXX行の値を編集する方法

まずは,SSMSのメニューバーにある,「Tools」から「Options」を開きます。

そして,左側のペインで「SQL Server Object Explorer」を選択すると,上位何件を編集するかを決めるパラメーターが見つかりますので,必要に応じて大きな数字を入れましょう。

「SQL Server Object Explorer」を選択する

「SQL Server Object Explorer」を選択する

これで,テーブルを右クリックしたときに表れる,「上位200行の編集」という数字が,指定した行数に変わっていることを確認できます。

以上,SQL Serverで上位200行以上を編集したい場合の方法でした。

コメント