Windows 8にPhotoshop CS2をインストールする方法

Windows 8Photoshop CS2をインストールしようとすると、エラーがでてインストールができない場合があります。

Windows 8では、下記の場所にインストールしようとするのですが、エラーがでて、ウィザードを進めることが出来ません。

C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe Photoshop CS2


そのような場合には、上記の場所にまず、手動でAdobe Photoshop CS2というフォルダを作ってやりましょう。

それから、再びウィザードをすすめると、無事にインストールが完了するはずです。

これは、Windows8で強化されているセキュリティ機能の働きにより、フォルダを作成する権限が足りていないことに起因しています。


また、Windows8でPhotoshop CS2を初回起動する際には、管理者として実行を選びましょう。

そうすると、初回起動時に行われる様々な設定を、エラーなく行うことが出来ると思います。

PhotoshopCS2の初回起動時には管理者として実行を選択する

PhotoshopCS2の初回起動時には管理者として実行を選択する

Windows 8にPhotoshop CS2をインストールする方法” への4件のコメント

  1. CS4を使用していますが、パソコンを買い替えようとショップに行くとすべて64bitOSになっています。そのまま使えるんでしょうか。

    • はい、64bitには対応しています。
      http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/cpsid_83058.html
      ただ、Windows8には正式には対応していないという見解ですね。とはいえ、インストールはできるようです。ただし、Flash関連でエラーが出てしまうという報告が多いようです。早めにアップグレードしておくのも、手かも知れませんね・・・

    • あ、確かにそういう騒動がありましたね…
      全くそれとは別でして、古いけどライセンスを眠らせておくぐらいならインストールしておきたいという案件がありまして…。このサイトでは、Photoshopに限らず、古いバージョンのソフトを新しいOSで動かすチャレンジを時々行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。