フリーソフト必要なし!Widnows7でCドライブを拡張する方法

Windows7でCドライブの容量が圧迫されて、不具合を起こしている場合、

Dドライブを縮小して、Cドライブを拡張したい場合があります。


そのような場合、Windows7の標準機能のみで、Cドライブを拡張することができます。


1.Dドライブを削除する


【コントロールパネル】>【管理ツール】>【コンピューターの管理】

を管理者権限で実行します。

そして、Dドライブを削除します。

Windows7において、Dドライブを削除する


Dドライブの内容は完全に削除されますので、

必要であればデータをバックアップしておいてください。


また、Cドライブよりも右側に表示される他のボリュームがあれば、それらも同様に削除します。


拡張パーティションがあるとすれば、それらも削除します。

Windows7において、Dドライブのパーティションを削除する


そして、Cドライブより右側には何も表示されない状態にします。

Windows7において、Cドライブ以外を削除する


2.Dドライブを削除できない場合


Dドライブに「ページファイル」が設定されている場合、【ボリュームの削除】がグレーアウトして、削除できない場合があります。

それは、Dドライブを仮想メモリとして使用していることが、削除できない理由の場合があります。

そのような場合、次の項目をチェックしてください。

【システムのプロパティ】>【パフォーマンス】>【設定】をクリックします。

システムのプロパティからパフォーマンスの設定


【詳細設定】>【仮想メモリ】>【変更】をクリックします。

詳細設定から変更をクリック


【すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する】のチェックを外します。

Dドライブを選択して、【ページングファイルなし】を選択し、【設定】をクリックします。

Dドライブの仮想メモリを削除する

その後、マシンを再起動します。

これで、Dドライブを削除できるようになります。


3.Cドライブを拡張する


【コンピューターの管理】を開き、Cドライブを右クリックし、【ボリュームの拡張】を選択します。

Cドライブを拡張する


必要なサイズに拡張します。


4.Dドライブを再作成する


残っている【未割り当て領域】にDドライブを再作成します。

そして、バックアップしていたデータを戻します。



こうして、Windows7の標準機能のみで、Cドライブを拡張することができました。

マイクロソフト Surface Pro 256GB [Windowsタブレット・Office付き] H5W-00001
マイクロソフト Surface Pro 256GB [Windowsタブレット・Office付き] H5W-00001