エッジトランスポートサーバーとは?

Exchange Server 2010には、エッジトランスポートサーバーという役割があります。

これは、イントラネットとインターネットの間(DMZ)に配置され、外部とメールのやり取りをする際に、メールの制御をしてくれるものです。

メールの制御とは、主に、セキュリティ面での保護や処理です。

ウイルスやスパムを防御することもできます。


エッジトランスポートサーバーは、Active Directoryにアクセスすることができません。

しかし、メールの処理をする際に、受信者の情報を参照しなれければならず、Active Directoryの情報を必要とします。

そこで、EdgeSyncというサービスを利用して、Active Directoryから情報を引き出し、データを同期させます。

ちなみに、同期させたデータは、エッジトランスポートサーバー上の、Active Directoryライトウェイトディレクトリサービス(AD LDS)というものに保存されます。


簡単に言うと、エッジトランスポートサーバとは、組織の内部と外部の間で、メールを中継したり制御したりする役割をもつサーバーのことです。

※DMZ=インターネットに接続されたネットワークにおいて、ファイアウォールによって外部からも内部からも隔離された領域のこと。DeMilitarized Zone(非武装地帯)の略。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。