BitLockerのパスワードをActiveDirectoryから削除する方法

BitLockerを有効化した際,暗号化を解除するためのパスワードをActiveDirectoryに保存することができます。

ここで気になるのが,ActiveDirectoryに保存したBitLockerのバスワードを削除することができるのか,ということです。


例えば,RAIDボリュームにHDDを追加するなど,物理的にボリュームを拡張する場合,一度,BitLockerを解除してから増設作業を行うでしょう。そしてBitLockerを最有効化すると,パスワードは別のものに変わります。

そして,その新しいパスワードがActiveDirectoryに保存されても,古いBitLockerパスワードが自動的に消えてくれるわけではありません

ですので,時とともに,古いパスワードがActiveDirectoryのコンピューターオブジェクト内に残り続けてしまうということが起こります。
続きを読む