SQL ServerでSPNが登録できないというエラーが出た場合の対処法

SQLのエラーログを確認していると,以下のようなエラーが出力されている場合があります

2018-01-01 09:00:00.00 Server      SQL Server is attempting to register a Service Principal Name (SPN) for the SQL Server service. Kerberos authentication will not be possible until a SPN is registered for the SQL Server service. This is an informational message. No user action is required.

2018-01-01 09:00:00.00 Server      The SQL Server Network Interface library could not register the Service Principal Name (SPN) [ MSSQLSvc/SQLServerName.domain ] for the SQL Server service. Windows return code: 0xffffffff, state: 43. Failure to register a SPN might cause integrated authentication to use NTLM instead of Kerberos. This is an informational message. Further action is only required if Kerberos authentication is required by authentication policies and if the SPN has not been manually registered.

2018-01-01 09:00:00.00 Server      The SQL Server Network Interface library could not register the Service Principal Name (SPN) [ MSSQLSvc/SQLServerName.domain:1433 ] for the SQL Server service. Windows return code: 0xffffffff, state: 43. Failure to register a SPN might cause integrated authentication to use NTLM instead of Kerberos. This is an informational message. Further action is only required if Kerberos authentication is required by authentication policies and if the SPN has not been manually registered.

Windows return codeの16進数は,環境によって異なるかも知れませんが,基本的には同じエラーです。

ログの内容からすると,SQL Serverの起動時にSPNを登録できなかったというエラーのようです。SPNが登録できないので,Kerberos認証が無効化されます,とも言っています。

ドメイン認証の基盤であるKerberosが有効化されていないという事になればちょっと問題です。NTLM認証だけで本当にSQL Serverは正常に動くのだろうか,と疑問に思うかもしれません。
続きを読む

Windowsで利用中のNTPサーバーを確認する方法

Windowsマシンにおいて、現在どこのNTPサーバーを利用しているのか、確認したい場合があります。

NTPサーバーを確認するコマンド


NTPサーバーを確認するために、コマンドプロンプトで下記のコマンドを実行します。

w32tm /query /source

これで、Windowsにおいて、現在どのNTPサーバーを参照しているのか確認することができます。


w32tmコマンドとは?


w32tmコマンドは、NTPサーバーの確認にとどまらず、Windowsの時刻関連のサービスを全般的におこなうことができます。

他のマシンとの時刻の同期や、時刻の手動設定などもおこなうことができます。


こうして、Windowsにおいて、利用中のNTPサーバーを確認することができました。