Windows転送ツールでOutlook2010の連絡先がアドレス帳に表示されない不具合を解消する方法

Windows転送ツールを用いて、XPからWindows7に移行した場合、Outlookの連絡先がアドレス帳で選択できないというバグが存在します。

通常は、【連絡先】>【プロパティ】>【Outlookアドレス帳】タブ から、
【電子メールのアドレス帳にこのフォルダーを表示する】にチェックを入れればよいのですが、グレーアウトしてしまっており、チェックすることができません。

Outlook2010のレジストリを初期化する必要があるようで、Outlook研究所で紹介されていた方法を実行したところ、グレーアウトしていたチェックボックスが復活いたしました。

このページからスクリプトをコピーさせて頂き、メモ帳などで、拡張子をvbsにして保存。
ダブルクリックすると、Outlook2010の連絡先の部分のレジストリが初期化されています。
(ちなみに、vbsを実行しても特に目立った反応は現れません)

これで、Outlook2010で、連絡先をアドレス帳から選択できるようになりました。

Windows転送ツールでOutlook2010の連絡先がアドレス帳に表示されない不具合を解消する方法” への2件のコメント

  1. これまでWEB上で紹介されているいろいろな方法を試したが、解決しませんでしたが、この方法で見事に解決しました。有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。